何書けば良いかわからない!ブログ記事のネタを見つける方法3選

どーも、あんりです。

ブログの記事に何を書けばいいかわからない!って悩み、
アフィリエイターあるあるですよね。

私自身もブログアフィリエイトを始めたばかりの頃は
このブログネタの壁に激突することが多々ありました。

酷い時では記事のネタ探しだけであっという間に
1時間も経ってた!ということもありました…^^;

そこで、ブログのネタが決まらない時に実践した
ブログネタの探し方をご紹介します。

【ブログ記事のネタを見つける方法】

1.気になったこと、学んだことをアウトプットする

私たちは日常生活で様々な媒体から情報を得ています。

インターネットやテレビ、新聞、ラジオ、本などの
メディアで毎日のように情報に触れていますよね。

その中で気になった言葉や情報、
学んだ知識ってありませんか?

そういう気になる言葉や情報、
学んだ知識をキーワードに
記事を書いていけばいいのです!

例えば最近の私の場合、
アフィリエイトや成功者のマインドについて
気になることや知りたいことがたくさんあるので、
そういうテーマの書籍をよく読んでいます。

で、普通だったらひと通り本を読んで
知識をインプットさえしてしまえば
そこで終わりなんですよ。

でも、私は本を読んだら
読んだまま終わりにせず、
インプットした知識をブログに
アウトプットしていきます。

本などのメディアから得た知識を、
ブログに書いて文章化していくのです。

インプットした情報の中で、
自分が気になって学びたかったネタや
「これは人の役に立ちそう!」と思うネタほど
特にブログにアウトプットするように心がけています。

人はすぐに物事を忘れてしまう生き物なんです。

一度インプットしたまま何もしないでいると
10分後や20分後、更に1日~2日経ってしまえば
「あれ・・・忘れちゃった。全然覚えていない」
となります。

インプットした情報や知識を
覚えたつもりでいるだけで、
実際は何も身に付いていない。

せっかくためになる情報や知識を得ても
何も身に付かず、インプットした努力が
水の泡になってしまいます。

インプットに費やした時間だって
無駄になってしまいます。

それでは非常にもったいないですよね。

そこで、インプットした情報を
しっかり身につけるために大事なのは
アウトプットです。

インプットした情報や知識をアウトプットする。

インプットしたことを
人に話したり、文章で要約したりなど、
アウトプットすることによって
情報や知識が私たちの記憶に残りやすくなります。

インプットしたことを、
ブログにアウトプットして記事にまとめる。

アウトプットした記事は後から何度も反復して読み返せるので
得た情報や知識がしっかりと自分の身に付きますし、

また自分で書いたアウトプット記事が、
ブログに訪れてくれた読者の方々の役に立ったとしたら、
ブログ運営者としてこれほど嬉しいことはないですよね。

2.人の悩み事に解決方法を提案する

人は日常生活を送る中で絶えず悩み事が出来ます。

悩み事が全くないゼロの人なんてこの世にはいないから
悩みのネタは尽きることがないんですよね。

その証拠に、お悩み解決サイトには毎日のように
悩み事が投稿されています。

「yahoo知恵袋」「教えてgoo」などの
お悩み解決サイトを覗いてみてください。

ブログ記事にするには結構良いネタが溢れていますよ!

だからそういう他人の悩み事に対して
解決できるような方法をブログに書く。

悩み事を解決できるような内容であれば、
ユーザーにとって役立つコンテンツを提供できます。

それと、他人の悩み事や相談事に対して
答えを出すと人は成長します。

なぜなら他人の問題解決には冷静に対応できるから。

冷静に対応できるということは、
感情が入らないからです。

悩み事を抱えている当人って、たいていの場合
感情的になって冷静じゃないですよね。

問題解決にはこの感情が邪魔になっちゃうんですよ。

第三者的に客観的に考えることで、
いろんなことが見えてくるようになるし、
答えは一つじゃない、様々な答えがあるんだって知れます。

3.自分の経験談を書く

自分の経験談も十分記事のネタになります。

自分の経験談といっても、

今日は何処どこへ行って~
誰々と会って~
何々をして~
何々だと思いました~終わり!

という日記調の経験談ではありません(笑)

恋愛・結婚の経験
出産・子育ての経験
ダイエットの経験
受験勉強の経験
仕事の経験
失敗経験

など、過去に経験してそこから学んだことを
記事のネタにします。

例えば私はこの”あんりブログ”で

・正社員で働いた経験
・派遣社員で働いた経験
・失業した経験
・無職になった経験

など、過去の経験談を載せています。

ブログに自分の人生やリアルな経験談を入れると、
結構おもしろくなります。

そういうリアルな経験談が、ブログ読者にとっては
勉強になったり、参考になる場合がありますからね。

それにしても自分の経験談をこう並べると
どれもネガティブイメージのものが多い気がするな…^^;

【まとめ】

ブログ記事のネタを見つける方法を3つ上げてみました。

記事になるネタって結局のところ、日常の至る所に転がっています。
ゴロゴロ転がっているのに気づかないだけです。

今日から意識してアンテナを張りましょう。
ネタ探しは意外と簡単ですよ。

そしてネタをゲットしたら、
メモを必ず忘れないようにすること!
折角ネタをゲットしたのに忘れたら無意味ですからね。

ちなみにネタのメモにはEvernoteがおすすめです。
良かったらこちらの記事も参考にしてみてください^^
→アフィリエイトをやるならEvernoteを活用せよ!

忙しくてもブログ記事を完成させるために意識したい3つのポイント

どうもこんにちはあんりです。

今日はブログを書く時間がないので
また勢い系の記事になってしまいますが、
お付き合いよろしくお願いいたします。

さて以前にも忙しくて
ブログを書けない時はどうすればいいか
ていう内容の記事を書きましたが、
今日はその続きになります。

→全然時間がない!忙しくても短時間でブログ記事を書く方法を考える

実はこの記事を書いている今も
音声入力で書いているんですけれども
Google Keep というアプリを使って
音声入力をしています。

Google Keepについては
以前の記事でも紹介していますが
一度使い始めたらめちゃ便利に感じます。

→googleの音声入力を記事作成に使わないのはもったいない。

Google Keepの音声入力を使えば
キーボードで文字を入力するよりも
何倍も早く記事が書けますし

ただ喋り倒せば
1000文字以上の記事もあっという間に
完成させることができちゃいます。

なので、
忙しくてブログの時間を書く暇がない!
と焦っている時こそ
ぜひ音声入力機能を活用しましょう。

記事作成に音声入力を使わないのは絶対損しますよー!

あ、もちろん音声入力を使って
ただ喋り倒せば良いわけじゃありません。

音声入力を使って記事を作るなら
サイトに訪れて記事を読んでくださる読者の方々の
ためになるような内容を喋るといいです。

どうでもいい内容を喋り倒すと
ただのごみ記事と化しますからね。

ためになる記事を作る方がSEO対策にもなりますから。

それと、忙しくてブログを書けない時は
制限時間を設けるといいです。

例えば今日この記事を書く際、
記事を書き上げる時間に制限時間を設けていて
制限時間10分に設定していますが、

もうこの時点であと5分しかないので
少し急ぎますね。

そうそう、短い制限時間で
記事を書き上げるには
集中力がいりますよね。

集中力を高めるためには、
余計な情報をシャットアウトしないといけません。

余計な情報の代表例はテレビやスマートフォン。

ブログの記事を書く時も
何となくテレビをつけていたり、
スマホをいじってSNSなどを
ついつい見ていたりしませんか?

まぁ私はこの記事をスマホを使って
音声入力で書いているので
スマホはいじっていますけど(笑)
でも、テレビは消しています。

ただ何となくつけているテレビって
本当にノイズにしか感じられないんですよね。

だから何か別の物事に集中したい時には
邪魔な存在になる。

以前の記事でもテレビについて語りましたが、
「テレビは思考力を奪う」って
強ち間違いじゃないと思います。

→まだテレビを見ているの?頭がバカになる洗脳装置だよ!

さてさて、制限時間も迫ってきたところなので
今日の記事のまとめに入ります!

忙しくても記事を10分で完成させるには

一、音声入力機能を使って喋り倒す

二、ためになる内容を意識して記事を作る

三、余計な情報を遮断して、記事を書く集中力を高める

以上の三点を意識して、短時間で記事を書いてみましょう!

ではでは今日はこの辺で!あんりでした!