元派遣社員が振り返る!正社員として働くメリット・デメリットとは

こんにちは。あんりです。

今日のテーマは「正社員」です。
以前「派遣社員」について書いた記事と対のテーマになります。

私は正社員と派遣社員の両方の雇用形態で
働いた経験があります。

正社員のここが良かったな!とか

正社員のこういうところがやっぱりダメだったよね…など

正社員の仕事を辞めて、派遣として働き出した後だからこそわかる
正社員のメリットとデメリットがあります。

そこで今回は正社員の方に焦点を当てて、
正社員のメリット・デメリットについて
経験者の視点で語りたいと思います。

正社員か派遣社員、どの働き方がいいか
悩んでいる方々のお役に立てたら幸いです。

【正社員とは?】

正社員は実際に働く企業と直接、雇用契約を結びます。

正社員が、派遣・契約社員・パート(アルバイト)など他の雇用形態と違う所は、
雇用期間が決められていないことです。

雇用期間が決められていないため、一度正社員として入社すれば
定年退職を迎える60歳まで働き続けることになっています。
会社によっては65歳まで雇用される場合があります。
正社員の場合、余程のことが無い限り会社側から解雇するのは難しくなっています。

また、派遣やパートと違って正社員は基本的にフルタイム勤務で、
残業することも義務付けられています。

【正社員として働くメリット】

次に、正社員として働くメリットを
自分の経験談も含めてご紹介します。

1.社会的信用度が高い

正社員のメリットといえば、何といっても
社会的信用度の高さでしょう。

「正社員」の肩書を持つだけで
収入が安定していて返済能力があると判断されるため、
クレジットカードや賃貸契約の審査が通りやすくなりますし、
各種ローンを組みやすくなります。

社会的信用を得られるので世間体も良く、
例えば初対面の相手に職業を訊かれても
「○○会社の正社員」と答えたら
相手に信用を寄せられます。

世間体の良さは結婚の時にも有利になり、
正社員として会社で働いていることが、
結婚相手の両親や親族に安心感を与える材料となります。

2.他の雇用形態と違って毎月固定給がある

派遣社員や契約社員、パートやアルバイトなどの
非正規雇用と違って、正社員は毎月安定した固定給があります。

たとえ大型連休のある月でも
休日分の給料も支払われるので、
収入が減ることはありません。

正社員を辞めて初めて派遣社員として働いた時、
特に大型連休のある月は収入が激減したので
正社員時代の安定した月給に
改めてありがたみを感じました。

3.福利厚生や待遇が良い

非正規雇用に比べて正社員は福利厚生が充実しており、
また待遇面でも恵まれています。

例えば社会保険や雇用保険に加入できたり、
会社を辞める時に退職金が出たりします。

会社を辞めて転職活動する間も
失業手当が支給されたり、
多額の退職金で生活ができるので
本当にありがたいですね。

4.昇進・昇給・賞与がある

正社員は定年まで長く働くことが前提で
雇用されていますので、昇進するチャンスが
多いのも特徴です。

正社員として働くと、重要な仕事を任せられることもあり、
その仕事を完遂することによって昇進し、
役職に就くことができます。

また正社員には昇給があり、勤続年数や年齢に応じて
固定給が上がることも多いです。
これに加えて昇進すれば役職報酬が付きますし、
資格取得すれば臨時報酬が出て、給料UPできる仕組みもあります。

更に正社員には賞与が与えられます。
会社にもよりますが、賞与は年1回~2回支給され、
得られる賃金が多いです。ウン十万からウン百万円与えられる場合もあります。

派遣社員などの非正規雇用では賞与が支給されるケースがまず無いため、
賞与の有無によって正社員との所得格差がかなり開きます。

5.雇用が安定している

正社員は労働基準法によって
簡単に解雇されないようになっているため、
身分が保障されています。

また、入社すれば定年まで働くことが
前提となっているため、無期雇用です。
有期雇用の非正規社員と比べ、
確かに長く安心して働けます。

しかし、会社にとって不必要と判断された人材は
正社員であっても解雇される場合がありますし、

近年では大企業を中心にリストラを行っている会社が
増えてきているようですので、正社員だからといって
必ずしも安心できるわけではないようです。

6.転職の時に有利になる

「1.社会的信用度が高い」でも説明しましたが、
正社員という肩書を持っているだけで社会的信用が得られますので
転職時も非常に有利になります。

正社員として働いた経験があるだけで
即戦力のある人材と判断されるため、
履歴書や職務経歴書に書き込むときの
アピールポイントとなります。

派遣社員やアルバイトでも能力の高い人は
確かにいますが、正社員と比較すると
社会的信用がまだ低いため、残念ながら
転職でのアピールポイントにはなりません…

【正社員として働くデメリット】

次に、正社員として働くデメリットを
自分の経験談も含めてご紹介します。

1.組織のしがらみから逃れられない

正社員として働く以上、会社に長く定着することが前提ですので
たとえ苦手な社員や気の合わない上司がいたとしても
簡単に会社を辞められません。

また、参加したくもない飲み会やその他イベントに強制参加させられたり
休日に社員旅行へ出かけることが必須となります。

飲み会などのイベント事には参加しないという手もありますが、
コミュニケーションを取ってお互いの理解を深めるためにも
積極的に参加しておいた方がいいでしょう。

苦手な相手でも人間関係を円滑にする工夫をしなければ
うまく意思疎通が出来ずに仕事に影響が出たりします。
最悪、仕事を干されます。

2.会社の辞令に絶対従わなければいけない

会社から辞令が出たら、従うのが絶対です。

望まない職務でも部署異動を命じられたら
異動しなければいけませんし、配置転換に従わざるを得ません。

また、転勤や長期出張も応じなければいけません。

家族持ちの場合、遠方への異動を命じられたら単身赴任か
家族と一緒に引っ越しのどちらかを選ばなければいけませんので
とても悩ましいですね。

3.責任が重い

正社員は仕事の裁量も多く、やりがいがある一方で
仕事に対する責任が重いという側面があります。

自分が任された仕事の責任を負うだけでなく、
派遣社員やパート・アルバイト、部下を
フォローしなければいけません。

例えば、正社員と派遣社員が一緒に仕事をするとして、
派遣社員がミスを引き起こした場合、
責任は正社員が取らなければいけなくなります。

正社員として長く勤めたり、役職に就くようになれば
その責任はもっと重くなります。

4.残業や休日出勤に応じるのが義務

「3.責任が重い」にも関係することですが、
残業が発生したり、休日出勤を命じられたら
対応するのが正社員の義務です。

正社員は多くの業務を担当するので、
定時までに仕事が終わらず残業に繋がることが多いです。

また、担当する仕事内容にもよりますが
顧客対応のために休日出勤しなければいけないケースもあります。

時間外に働いた分だけきちんと給料が支払われればいいのですが、
会社によってはサービス残業が当たり前で残業代のつかない所もあります。

長時間働いているにも関わらず、その分の対価が支払われなくて
ストレスを感じやすくなります。

5.実績に応じて減給や解雇される

会社側が期待している実績を出せなかったり
プロジェクトに失敗したら
給料を減給されるリスクがあります。

また、安定した雇用が正社員のメリットである一方で、
会社から本当に必要のない人材と判断されたら
雇い止めを食らう場合もあります。

実際私自身が正社員だった時、解雇された経験があります。
解雇された理由は人間関係が原因だけでなく、
会社側から求められた期待に応えられなかったことにも一因がありました。

そしてこれは私自身の話ではありませんが、
正社員時代の営業職の同僚数名が会社側の求める実績を出せず、
社長に叱責されて減給処分になったこともありました。

6.正社員としての就職が狭き門

安定した雇用や身分の保証、社会的信用度の高さなどから
転職市場での正社員人気は凄くあります。

しかし、正社員として就職するのは
今はとてもハードルが高く、狭き門になっています。

というのも、現在は人件費を削減したい企業が増えているので
人件費の高い正社員を取らない傾向になっています。

そのため、正社員の求人広告が少なくなってきていますが
それでも正社員人気が未だ高いため、倍率が高くなってきています。

他には、採用する会社側の都合ですが、
一度採用したら辞めさせるのが困難、責任のある仕事を任せられる人材を
選ばなければいけないなどの理由で、採用に慎重になります。

そのため、スキルや実務経験など様々な細かい要件が求められ、
正社員での転職活動をすれば不採用の数の方が圧倒的に多くなってしまいます。

【まとめ】

正社員として働くメリットとデメリットを
ご紹介しましたが、いかがでしたか。

正社員は総じてメリットの方が大きいように思います。

雇用や身分、給与の面で安定していますし、
会社に守られている部分が多いです。

しかし、安定や信用とは引き換えに
重い責任を負わされたり、時間や組織に縛られるなどして、
ストレスを抱えてしまうというデメリットがあります。

正社員のメリット・デメリットをしっかり把握したうえで、
自分自身が望む働き方を考え、選び出すといいでしょう。

元派遣社員の経験者が語る、派遣で働くメリットとデメリットとは

こんにちは。あんりです。

今日のテーマは「派遣社員」です。

これから初めて派遣社員として働くことを
検討している方の中で、派遣社員として働くにあたって、
どんなメリットとデメリットがあるのか、
詳しく知りたい方も多いんじゃないでしょうか?

私は正社員と派遣社員の両方の雇用形態で
働いた経験がありますので、それぞれの
メリットとデメリットがわかります。

今回の記事では派遣社員の方に焦点を当てて、
派遣のメリット・デメリットについて
経験者の視点で語りたいと思います。

これから派遣社員として働く予定のある方々の
お役に立てたら幸いです。

【まず、派遣社員とは何なのか?】

派遣社員は、正社員・契約社員・パート(アルバイト)などとは
雇用契約の形が異なります。

正社員・契約社員・パート(アルバイト)は、
実際に働く企業と直接、雇用契約を結びますが、
一方、派遣社員の場合は人材派遣会社(派遣元)から
紹介された企業(派遣先)で働きます。

雇用契約ですが、派遣の場合は
派遣元である人材派遣会社と結びます。

仕事上の業務指示は、実際に働く現場(派遣先)の上司から受けます。
給与は、雇用契約をしている人材派遣会社(派遣元)から支払われます。
福利厚生も同じく、人材派遣会社のものを利用できます。

また、就業中にトラブルや困ったことがあれば、人材派遣会社(派遣元)の
営業担当者に相談することが可能です。

派遣社員として働くには、まず人材派遣会社(派遣元)への
登録が必要となります。

人材派遣会社に登録してお仕事を紹介してもらい、
派遣先企業とのマッチングが成立して
実際に現場でのお仕事が始まってから
雇用契約が結ばれます。

派遣契約期間は基本的に3か月間です。

3か月後も引き続き同じ現場で働くことが決まった場合は
雇用契約の更新をしますが、派遣契約期間が終了する場合は
雇用契約も終わります。

【派遣社員として働くメリット】

次に、派遣社員として働くメリットを
自分の経験談も含めてご紹介します。

1.希望条件に合った仕事を自由に選びやすい

派遣会社では、さまざまなお仕事が紹介されていますが、
その中から、自分の希望条件に合ったお仕事を自由に選べます。

例えば勤務地、勤務時間、時給、希望業種、希望職種、
残業のあり・なし、休日出勤のあり・なし
などが選べます。

正社員だったら会社の命令に従うのが絶対ですので、
勤務地や職種、残業時間などを自由に選べません。

一方、派遣は自分の希望に沿った働き方を自由に選べます。
希望条件を派遣会社に伝えると、派遣会社の担当営業が
なるべく本人の希望に沿ったお仕事を紹介してくれます。

また、未経験でもスキルアップの意欲さえあれば
未経験業務のお仕事を紹介してもらえる場合もあります。

自分が希望する条件で働けることは、
仕事のモチベーションアップにもなって良いですよね。

2.仕事以外の時間も確保できること

正社員の場合、仕事量が多く定時後も残業せざるを得ないなど、
長時間拘束されることが多々あります。

一方派遣はお仕事にもよりますが、残業の無い(少ない)案件をよく見かけます。
仕事も大事だけどプライベートの時間も大切にしたい、
とワークライフバランスを考えながら就業を目指している方にとっては
メリットになる部分といえるでしょう。

3.時給が高い

首都圏だと派遣の事務職のお仕事で時給1,500円以上の所も多いです。
パートやアルバイトの時給と比べたら高い方ですし、
場合によっては正社員の月給を時給換算にした金額よりも高いです。

それと、残業代は必ず付きます。

残業代は定時までの時給よりも、
少し多めに設定されています。
サービス残業がありません。

4.組織のしがらみに縛られにくい

正社員と違って、派遣社員は組織において
つかず離れずの人間関係を保てます。

正社員時代は、気が乗らないイベントに強制参加させられましたが
派遣社員の場合はそのようなしがらみから解放されました。

5.いつでも軌道修正ができること

業務内容や職場の雰囲気は、
実際に現場で仕事を始めてからでないと
わからないことが多いです。

正社員の場合、定年まで働くことが前提で雇われている以上
責任の大きい仕事に就いていますので、
こんなはずじゃなかった!と思うことがあっても
責任の重さなどから仕事を辞めにくい側面があります。

一方派遣社員の場合、3か月ごとの契約更新、
どんなに長くても3年目までの有期雇用ですので
こんなはずじゃなかった!と思っても
契約満了時まで働いて辞めることができます。

この職場(仕事)合わない!と思ったら
軌道修正がしやすいのが派遣のメリットといえるでしょう。

6.仕事が早く見つかりやすい

正社員雇用での仕事を探す時、
採用に至るまでの時間は結構かかりますよね。

転職サイトやハローワークなどから求人を探して応募し、
志望企業に履歴書などの選考書類を提出。
書類選考が通れば面接がその後数回に渡って実施され、
企業側とのマッチングが成立すれば採用されます。

この一連の流れは、1社あたり数週間~1か月くらいかかります。

しかし、面接が通らなければ
振り出しに戻ってまた求人探しの作業から
やらなければいけなくなるため、
正社員での転職は長引きやすいです。

一方派遣で仕事を探す場合、派遣会社に登録した後、
派遣会社のサイトに掲載されている求人や、
担当営業に紹介されたお仕事に応募したりします。

その後「職場見学」という名の、企業との面談が行われ、
企業側と派遣スタッフのニーズがマッチすれば、就業が可能となります。
この流れは1社あたり数日で完了します。

企業と派遣スタッフのニーズがマッチしなかった場合、
また求人に応募するところから戻るわけですが
正社員と比べて仕事が決まるスピードがとても速いです。

【派遣社員として働くデメリット】

次に、派遣社員として働くデメリットを
自分の経験談も含めてご紹介します。

1.交通費なし・ボーナスなし

派遣社員には、交通費やボーナスが支給されません。

交通費は、一部支給される場合もあるようですが
支給されるケースはほぼセロです。

交通費は基本的に自腹です。

また、ボーナスもゼロです。
ボーナスが支給されることはまずありませんので、
この時点で正社員との所得格差が結構つきます…

2.休日の多い月は給料が少ない

派遣のお仕事は時給制です。

時給制ですので、ゴールデンウィークや夏季休暇、
年末年始などの大型連休のある月は
給料がめちゃ少なくなります。

3.時給の高い派遣先に変えないと収入が増えない

派遣社員には昇給がありません。

派遣会社の担当営業に時給UPの交渉をして
時給を上げてもらえるケースがごく稀にはあるようですが…

しかしこの方法で収入UPするのはまず難しいと考えておいていいでしょう。

派遣で収入UPを目指すなら、時給の高い派遣先に変える他ありません。

4.雇用が安定しない

派遣社員は雇用が不安定です。

派遣社員は3か月ごとの雇用契約ですが、
契約を更新し続けたとしても
同じ職場では最長で3年間しか働けません。

3年も経たないうちに雇用契約が
打ち切りになることだってあります。
自分がそうでした。

契約を打ち切られたら、また一から
仕事を探さなくてはなりません。

5.社会的信用が低い

派遣社員は雇用や収入が不安定な理由などから、
社会的信用が低いです。

例えば、銀行でクレジットカードを発行しようとする場合、
派遣社員は正社員よりも審査が厳しくなります。
アパートの賃貸契約の審査も厳しいです。

また、派遣社員は社会的信用が低いことから
世間体も悪くなります。

久々に会う親戚などから職業を訊かれると、
正直少々答えづらいです…

特に男性が派遣社員として働く場合、
世間からは厳しい目で見られるでしょう。

6.年を取るほど派遣社員として採用されにくい

派遣社員は年を取れば取るほど採用されにくくなります。
年齢が高いほど採用されないのは正社員も同じだとは思いますが。

私の遠縁の親戚に派遣社員として働く40代女性がいますが、
年齢が上がるほど就業が難しくなると言っていました。

【まとめ】

派遣社員として働くメリットとデメリットを
ご紹介しましたが、いかがでしたか。

派遣社員は雇用が不安定だったり世間体が悪いなど
どちらかといえばネガティブイメージが強いかもしれません。

しかし、プライベートの時間を大事にしたい人や
未経験の仕事に挑戦しスキルアップをしたい人からすれば
メリットになる部分もたくさんあります。

派遣社員のメリット・デメリットをしっかり理解したうえで
どの条件を優先させたいのかを考え、
自分が望む働き方を選ぶといいでしょう。