無職やめました

どうもこんにちは、あんりです。

今日はこのあんりブログを読んでいる皆さんに報告があります。

実は私、無職をやめました。

このブログタイトルにもあるとおり、私は派遣社員に来月からまた戻ります。

派遣社員に戻るまでにはすごく悩みました。

このブログをずっと読んでくださってる方は分かると思うんですけれども、私はこの4月頭から9月末までの半年間、ずっと無職でした。

前の派遣先を今年の2月下旬に契約更新手続き中だったにも関わらず、派遣先の都合で突然派遣契約打ち切られて3月末をもって失業し、そこからずっと半年間私は無職だったんですね。

派遣契約を打ち切られたその日私は本当に悲しくて悔しくて、もう会社に頼らずに自分の力だけで生きていきたい、自分の力だけでお金を稼いで生きたいと思い、アフィリエイトを本格的に始めました。

関連記事:派遣契約が取り消しに!下した決断は「アフィリエイトを極める」

その日を境にこのブログタイトルにもあるとおり、アフィリエイトで月収100万円を目指す生活を始めたわけです。

契約を打ち切られた翌日から私は

サーバーを借りて、

ドメインを取って、

サイトを構築して、

記事を作る作業に取りかかりました。

そして今日に至るまで私はずっとサイトコンテンツを作り続ける作業をしていました。

まぁ途中で身近な人たちの死が続いて、精神的に落ち込み、作業に手が付かない日が続いたりしたこともあったので、正確に言うと「毎日やった」わけではありませんが…

それでも「早くアフィリエイトで成果を出したい!」という思いから、出来る限り毎日作業を続けました。

また、作業を続ける傍でアフィリエイトに必要な教材やツール、情報などに投資していきました。

自分がこれまで貯めていた貯金を使って情報に投資しましたし、また失業保険ももらっていたので、失業保険を情報の投資に回すこともありました。

そして先日もまた新たにセミナーに投資しました。

そのセミナーは、私がずっと憧れ続けていたアフィリエイターさんが主催しているセミナーで

「いつかお会いできないかな?」

と思っていた成功者の方です。

メルマガなどオンライン上では普段やりとりができても、オフラインでは滅多にお目にかかれない方なので、これはまたとないチャンスだと思い、かなり大きな額ではありますが、投資しました。

無職だったら、いや無職じゃなくて会社員として働く生活を送っていても、とても気軽にポン!と出せる金額じゃないです。

今回のセミナー参加費も含めて私が無職の半年間にアフィリエイトのために投資してきた金額は、正社員時代の月給の約2倍から3倍ぐらいの金額ではないかと思います。

かなり大きな金額です。

ですが、これだけ情報に投資してきたからでしょうか、少しずつではありますが私はアフィリエイトでだんだん稼げるようになってきました。

自分たった一人で独学していた頃よりはだんだん稼げるようになってきていると実感しています。

やっぱり情報に投資すべき所にはお金をケチってないで、投資すべきですね。

どの成功者も口を揃えて「情報に投資するべし!」と言ってますが、アフィリエイトを始めた頃は私、この言葉の意味がわからなかったんですよね。

「こんな大きな金額出せるか!」

と正直思ってたんですよ^^;だから一人独学でずーーーっとやってた時は成果が出ませんでした。

でも今ならその言葉の意味がわかります。本当に成功に近づきたければ必要な情報に投資すべき。

2018年9月度の成果発表は10月1日以降に行う予定ですので、まだ詳しいことは発表できませんが、今日1日だけでもすでに収益が発生しています。

ヤバい。これは非常にヤバい…

と危機感を覚えた2018年8月度の合計収益を超える金額を今日たった1日だけでも稼げていますから、本当にすごいです。

収益の伸び方は10円単位…100円単位…とまだまだ少しずつではありますが、コンテンツ作りや仕組みづくりの作業さえ手を止めなければ、本当にアフィリエイトって稼げるんだなと思います。

クリック系の収益だけでも、アフィリエイトを始めた1~3か月目に比べれば随分成長しました。

これからはどんどん収益が右肩上がりに登るのだろうなと思うと、とても楽しみです。作業も楽しくできます。

少し脱線したから話を戻しますね。

こうやって収益が伸びてきているのも、自分が情報に投資したからなんです。

情報に投資して、成功者のやり方を学んでその通りにしてきたからこそ、徐々にではありますがこうして収益が伸びてきているんですよ。

だからこれからも情報にどんどん投資してアフィリエイトの作業を続けていきたい。

でも無職のまま情報に投資し続けていったら、いくら

「無職だけど貯金は一応ありますよ」

と言ってた私でも、アフィリエイトで納得のいく成果(当初の目標の月収100万円)が出る前に貯金が尽きてしまいそうです。

失業保険だって先月で支給が終わってしまいましたからね。

関連記事:最後の失業認定日を迎える。今後の進路や活動について

関連記事:派遣の契約打ち切り宣告されてから半年が過ぎました

私がこのあんりブログを始めた当時

「失業して無職になったのをきっかけに背水の陣で専業アフィリエイターとなって生計を立てていくことを目指す!」

「アフィリエイトで稼いでいくんだから無職とは言わせない!」

と言っていたので

「当初の目標や方針からずれてるじゃねぇかよ!」

と思うかもしれません。

また、この間実家に帰省した時親に

「パソコンばっかり向かってないで外に出てちゃんと再就職しないとダメ!」

と言われその時は親の小言をガン無視していましたが、結果的に親の言うとおり、再就職する形となってしまいました。

だけど今回の再就職は、親に言われたから再就職したのではなく、自分の意思で派遣での再就職を決めました。

再就職の理由は先ほども申し上げましたが、アフィリエイトで成果をこれからもっと出すために更に情報に投資していきたいので、その投資資金を稼ぐために再就職を決めました。

なので今回の再就職は、派遣でしばらくそこに腰を据えて働くためではなく、あくまで一時的に投資資金を稼ぐための再就職。

前にも言いましたが、派遣は正社員のようにずっと同じところで働けるわけではありません。

労働派遣法という法律に基づいて、どんなに長くても、最長3年までしか働けません。

関連記事:元派遣社員の経験者が語る、派遣で働くメリットとデメリットとは

それは自分の経験上すごく身に染みていることですので、今度の再就職先ではずっと働くつもりはありません。

あくまでアフィリエイトの軍資金を一時的に稼ぐために働くという意識のつもりです。

だからまず目標は半年後、2019年3月末。

それまでにはアフィリエイトの目標第一金額の月収10万円まで稼げるようになるのが私の今後の目標です。

そしてその後アフィリエイトで月収20万円まで稼げるようになったら派遣を辞めます。目安は今から1年以内かな。

そして更にそこから月収100万円まで稼げるようになれば、まず私のアフィリエイトの最終目標は達成という形になります。

まあ100万円達成すれば更に月収1000万円とか上を目指していくのもアリですが、そもそも現段階で最終目標の100万円すら到達していないので、それは100万達成してからどうするか考えていくつもりです。

というわけで長くなってしまいましたが、私は来月から派遣で再就職いたします。

あくまでアフィリエイトの軍資金を稼ぐための再就職。

再就職先の仕事は未経験の職種(有資格者が優遇される職種。私は資格持ってないけどね!)なので、覚えることがこれからたくさん増えそう…!

アフィリエイト以外にも再就職先の仕事で覚えることがたくさん増えて大変になりそうですけど、必ず乗り越えてみせます。

また、これから派遣で再就職するということなので、こちらのブログにも派遣に関するコンテンツを少しずつ増やしていこうかと考えております。

というわけで今後もこちらのあんりブログを引き続きよろしくお願いいたします!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。あんりでした。

正社員と派遣社員、どっちがいいの?私が出した答えとは。

こんにちは、あんりです。

数日前私は、同世代の女性のオタク仲間の一人に
仕事のことについて相談されました。

その女性は今年の6月末までとある企業で正社員として働き、
7月頭から別の正社員雇用の職場へ転職しました。

しかし、転職先の職場は

・有給休暇があるようでないもの

・有給休暇を取ったら休んだ分だけ強制的に休日出勤

・仮に風邪などの病欠に有給休暇を充てた場合、休んだ日数分だけ一日あたり1万5,000円の減給

・冠婚葬祭でのお休みも同じく、休んだ日数分だけ1万5,000円ずつの減給

などの仰天社内ルールのある、超絶ブラック企業でした。

しかも、その企業に応募する際の求人票には

・有給休暇あり
・慶弔休暇あり

など、「ちゃんとお休みは取れますよ」と書かれていたにも関わらず、

入社日に職場から渡された就業契約書には、

「有給休暇を取得した場合、休んだ日数分だけ一日あたり1万5,000円の減給に同意します。」

との同意確認文が書かれていたそうで、その時初めて

「この職場は嘘をついている。ブラック企業だ!」

と気付いたそうでした。

1万5,000円って、かなり大きい金額ですよね!

有給休暇を一日取っただけでも給料から
それだけの大金を差し引かれるのは有り得ないですね。

というか、それじゃあ全然「有給」休暇じゃないじゃんwww

入社前に提示された就労条件とは
まるっきり違っていて、
詐欺みたいなものですね。

私だったらその契約書に署名せずに
その日のうちにバックレると思いますね。(苦笑)

「これだからゆとりはー」
とdisられても構わないから
即日退職するでしょう。

でもその女性は、しぶしぶ契約書に同意して
署名してしまったそうです。

そして一か月間とりあえず働いてみたけれど、
有給休暇の件も含めて
職場環境にいろいろと不安を抱いたので
先日退職届を出して仕事を辞めたそうです。

また転職活動から始めなければいけなくなったけど、
本当に正社員雇用にこだわる必要があるのか
疑問に思ってきたというのです。

出世欲がないのに、責任の重い仕事は正社員に任される…

サービス残業や自宅の持ち帰り仕事が多くてつらい…

それに対して派遣はサービス残業があまりないし、
残業時間が発生しても、きっちり残業代支払ってもらえる。

しかも時給換算したら正社員より派遣の方が
ずっと高時給だし稼げそうじゃん!

自分がやってみたいと思う仕事も
派遣での募集が多いし!

下手に正社員になって、転職先が
今回のような超絶ブラック企業だったとしたら
人生が詰んでしまう…

でも、リーマン・ショックの時のように
不景気時に派遣切りに遭ったらヤバイよね…

今後のキャリアプランどうしよう~~~!!!!

正社員と派遣社員、ぶっちゃけどっちがいいの??

と、正社員と派遣のどっちの雇用形態がいいか悩んでいると
私に相談してきました。

そこで正社員と派遣社員を両方経験している私は
彼女にこう答えました。

「働くうえで自分が優先したいことは何なのか、
はっきりさせることだよ」

「優先したいことがはっきりしたら、
正社員と派遣について調べてみて」

「正社員と派遣の良し悪しをちゃんと理解したら、
あとは覚悟を決めて自分の望む働き方を選ぶことだよ」

と。

【働くうえであなたが優先したいことは、何?】

働くうえで自分の優先したいことは何なのか、
どのようにして働きたいのかが
はっきりとわかっていれば

正社員と派遣のどっちがいいかなんて
そんなに深く悩まないはずですし、
自ずと答えが出てくると思うんですよね。

相談してきた女性は、
仕事をするうえでの自分軸が曖昧だったようなので
まずは優先事項は何なのかをはっきりさせるように
と伝えました。

例えばですが

・プライベートを重視したい
・残業はほとんど発生しない仕事がいい
・定時できっちり仕事を終えて帰りたい
・転勤はしたくない
・給料UPしたい
・ボーナス欲しい
・雇用の安定した所がいい
・やりがいのある仕事がしたい
・出世したい

とかなんとか。

働くうえで優先したいことをはっきりさせるには
自分の希望を紙などに全て書き出して
「見える化」させると効果的かもしれませんね。

【正社員と派遣社員のメリット・デメリットを調べてみよう】

働くうえで自分の優先したいことがはっきり決まったら、
次に正社員と派遣社員について調べ、
それぞれのメリット・デメリットについて
理解を深めてみましょう。

相談してきた彼女のように、今まで正社員経験しかなく
派遣は未経験だけどちょっと興味あるという人こそ特に、
正社員と派遣のメリット・デメリットをしっかり
把握していただきたいと思います。

正社員と派遣のメリット・デメリットについては
過去にこのブログでも記事を書いています。

関連記事:元派遣社員が振り返る!正社員として働くメリット・デメリットとは
関連記事:元派遣社員の経験者が語る、派遣で働くメリットとデメリットとは

例えば派遣のメリットでもある高時給。
時給換算すると正社員のそれよりも高かったりします。

でもそれは、

・交通費の支給なし
・昇給なし、ボーナスなし
・有期雇用

など、派遣のデメリットとなる部分との
引き換えに与えられた高時給なんです。

一方で正社員。正社員のメリットといえば

・昇給あり、ボーナスあり
・雇用が安定
・世間体が守られる、社会的信用が得られる

などです。
しかしそれらメリットと引き換えに、

・重い責任を負わなければいけない
・サービス残業や休日出勤に応じなきゃいけない
・組織のしがらみから逃げられない

などのデメリットがあります。

このように、正社員にも派遣社員にも
それぞれメリット・デメリットがあって
どっちもどっち
なんですよね。

例えばあなたが

・プライベートを充実させたい
・希望する業界や職種を自由に選びたい
・社内の人付き合いはほどほどにしたい

などの理由から派遣を選んだとします。

もしそれで派遣を選んだとしたら

・雇用の安定
・給料の安定
・社会的信用を得ること

などは望めないので
その点は当然妥協する必要があります。

何かを優先するためには、
何かを妥協しなければいけません。

【結局は…何を優先して何を妥協するか!】

結局のところ、
「何を優先して何を妥協するか」
なんですよね。

正社員か派遣、どちらの働き方がいいか悩んでいたら
まず働くうえで自分が優先したいことを明確にさせる。

そして正社員と派遣のリット・デメリットを比べ、
それぞれの良し悪しについて
しっかり理解を深めて受け入れる。

その上で覚悟を決めて
妥協する所は妥協しつつ、
自分が優先したい働き方に合った
雇用形態を選ぶといいと思います。

派遣社員として働いていた頃、職場の人に言われて快く思わなかったこと3選

どうもこんにちは、あんりです。

久々に派遣社員をテーマに語ります。

私は3か月前まで派遣社員として働いていたので
今回はその経験談についての話です。

派遣で働いている以上、
どうしてもその職場の正社員・非正社員・取引先など
他者との関わりが必ず発生します。

運が良かっただけかもしれませんが、
私は派遣で働いていた職場では
比較的人間関係には恵まれていました。

正社員・契約社員・派遣社員などの雇用形態問わず
仲良くなれた人たちが居ましたし、
実際に今でも前職場の一部の人とは
たまに飲みに行くような仲の人もいるくらいです。

むしろ、正社員として働いていた頃の方が
職場の人間関係がダメダメでしたので、
その頃に比べれば人間関係については
派遣の方がはるかに恵まれていました。

しかし、比較的恵まれた職場の人間関係だったとはいえ
時々面倒だな~何か嫌だな~と感じる場面は
全くなかったわけじゃないです。

なので、派遣社員として働いていた頃
職場の人に言われて快く思わなかったことを
書き出します。

【まだ若いのにどうして派遣を選んだの?】

30代の既婚女性ならともかく、
20代の未婚女が派遣で働くのは
世間ではそんなに珍しくて不思議だったのでしょうか…?

(知人に派遣で働く20代の同世代女性がいたので
私は珍しいとは思わないんですがね…)

今まで派遣で働いた会社は2社ですが、
どの派遣先でも必ずと言っていいほど

「まだ若いのにどうして派遣を選んだの?」

と聞かれました。

でも、この手の質問に答えるのがいつも面倒でした。

なぜなら、私が派遣で働きだした当初の理由は
社会復帰のリハビリをするためだったから。

どちらかといえばネガティブなきっかけで
派遣を選んだからなんですよ^^;

私は初めて派遣で働きだした年齢が23歳、
2社目は25歳の時…と、いずれも
20代の若いうちから派遣で働いていました。

派遣で働く以前は22歳の時に新卒で
正社員として働いていた時代もありましたが、

職場の先輩にいびられたり
社内失業したり
退職勧奨を受けたり

などのトラブルを経験して
入社から一年も経たないうちに
辞めてしまいました。

正社員の時に人間関係をはじめとする問題を
さんざん経験してきたので正直

「もう会社で働くのが怖い…」

と怯えながらその後半年間も
無職期間を過ごしていましたが

半年もすれば失業保険の受給も
終わってしまいますから
「会社で働くのが怖い」と思っていても
どうしても働きに出なきゃいけなくなりました。

そこで目につけたのが
派遣のお仕事。

派遣は雇用期間が有限だから、
一度働いてみて自分に合わない職場環境だと感じたら
次の契約更新時に契約を終了させればいいし
仕事に不満が無ければ継続を申し出れば良い。

と思って、社会復帰のリハビリをするつもりで
派遣のお仕事を選んだわけです。

結果的には派遣の仕事は大きな不満なく
何年も続けられたから良かったですけどね(笑)

だから「なんで若いのに派遣を?」と聞かれるたびに
いつも答えに詰まっていました。

大真面目に
「社会復帰のリハビリをしようと思ったからです」
なんて言ったら、そういう思いに至った背景を
根掘り葉掘り聞かれるのが想像つくし、

正社員時代の経験を喋ったら喋ったで
同情されたりdisられるのもまた面倒ですからね…;

なのでこの手の質問をされた時は
大体いつも適当に濁して答えていました、

「正社員独特の組織のしがらみから解放されたかったから」とか

「興味のある仕事をやってみたかったから派遣を選ぶ他なかった」とか

「挑戦したい夢があるから時間の融通が利く派遣が良かった」とかね…^^;

【派遣は休みに給料減るから嫌だなーw】

前職の派遣先に一人、
しょっちゅうネガティブワードを口にする30代女性社員がいました。

いじわるな人ではありませんでしたが、
普段世間話をする際によく「でも~、」などと言ったり、

場の雰囲気を暗くさせるようなこと今喋らなくてもよくない?!
と思うような話題を無意識に(?)話しちゃう感じの人でしたので
実は少~しだけ苦手意識がありました^^;

ある日、その女性社員の方とトイレで一緒になったんですよ。

トイレで一緒になったからには
無言で過ごすわけにはいかないので
最初は適当な世間話をしていました。

当時、ゴールデンウィークを目前に控えていたから
「あと少し仕事を頑張れば連休だから楽しみー!」
みたいな話をしていました。

そしたらその女性社員が

「でもさー、派遣さんって時給制でしょ?」

「大型連休になったら給料減っちゃうよね^^」

「わたし給料減るのは嫌だなーw給料減るなら休日出勤の方がマシだな^^」

と、サラッと笑顔で嫌味っぽいこと言い出しました。

いや、実際に露骨な嫌味でした。(苦笑)

はい。派遣が時給制なのはわかってます。
時給制を承知の上で派遣を選びましたが何か…??(^ω^#)

とりあえずその女性社員には
「私はプライベートの時間を大事にしたいから
休日出勤は勘弁してほしいですね~^^」

とだけ言って、その場からさっさと去りました。(苦笑)

【会社を渡り歩くの私には無理~w】

4か月前、私は前職場である派遣先から、
派遣契約の更新手続き中だったにも関わらず、
突然派遣契約を打ち切られてしまいました。

あまり予想していなかった唐突な打ち切られ方でしたので、
当時の上司から契約終了を言い渡された日は
激しく混乱していました。

で、その日の定時頃、帰宅準備をしていたら
同じフロアの40代女性社員と一緒になりました。

いつも一緒に世間話をしていた人でしたので、
この時もいつも通り世間話をしていたのですが

社員「ところであんりさんはここを派遣で働き始めて何年?」

私「2年目です」

社員「2年?!なんかもっと長く働いている気がしたわ~!」

という感じで、ひょんなことから
派遣の話題になってしまいました。

この日、派遣契約をクビ宣告されたばかりで
私はなるべく派遣についての話をしたくなかったのですが…

他の話題にどうにか変えられないかと
いろいろ考えていたら
その40代女性社員に

「あれ?派遣契約って3年だよね?」
「派遣契約終わったらまた仕事を探さなきゃいけないのよね?」
「大変そう~~!!会社を渡り歩くの私には無理~w」
「若くないし会社を渡り歩きたくないからやっぱ正社員のままがいいや~w」

と露骨な嫌味を言われてしまいました。

私が派遣の仕事をクビになったのを
女性社員がその時知っていたのか知らなかったのか
真相はわかりませんが、

派遣契約をクビ宣告されて間もない時に
こう言われてしまったので正直傷つきましたね。

しかしこの女性社員の言うとおり、
派遣社員が派遣のお仕事だけで働き続けようとしたら
本当に会社を渡り歩かなくてはなりません。

派遣社員が一つの派遣先で働けるのは
最長3年と派遣法で決まっています。

どんなに長くても3年間しか働けないってことです。

ちなみに私は派遣の仕事で3年も
働き続けられた試しが今まで一度もありません。

派遣契約の更新を希望し続けても、
だいたい2年目で打ち切られます。

【おわりに】

派遣社員として働いていた頃、職場の人に言われて
快く思わなかったエピソードを三つ書き出しました。

こんな感じで、
どんなに人間関係に恵まれた派遣先であっても、
時々答えにくいことを聞かれたり、
サラッと嫌味を言われることもたまにあります。

嫌味って言われると不快ですよね。

でも嫌味を言った方は多分忘れていると思いますので
あまり気にせず目の前の業務に打ち込んじゃいましょう。

元派遣社員の経験者が語る、派遣で働くメリットとデメリットとは

こんにちは。あんりです。

今日のテーマは「派遣社員」です。

これから初めて派遣社員として働くことを
検討している方の中で、派遣社員として働くにあたって、
どんなメリットとデメリットがあるのか、
詳しく知りたい方も多いんじゃないでしょうか?

私は正社員と派遣社員の両方の雇用形態で
働いた経験がありますので、それぞれの
メリットとデメリットがわかります。

今回の記事では派遣社員の方に焦点を当てて、
派遣のメリット・デメリットについて
経験者の視点で語りたいと思います。

これから派遣社員として働く予定のある方々の
お役に立てたら幸いです。

【まず、派遣社員とは何なのか?】

派遣社員は、正社員・契約社員・パート(アルバイト)などとは
雇用契約の形が異なります。

正社員・契約社員・パート(アルバイト)は、
実際に働く企業と直接、雇用契約を結びますが、
一方、派遣社員の場合は人材派遣会社(派遣元)から
紹介された企業(派遣先)で働きます。

雇用契約ですが、派遣の場合は
派遣元である人材派遣会社と結びます。

仕事上の業務指示は、実際に働く現場(派遣先)の上司から受けます。
給与は、雇用契約をしている人材派遣会社(派遣元)から支払われます。
福利厚生も同じく、人材派遣会社のものを利用できます。

また、就業中にトラブルや困ったことがあれば、人材派遣会社(派遣元)の
営業担当者に相談することが可能です。

派遣社員として働くには、まず人材派遣会社(派遣元)への
登録が必要となります。

人材派遣会社に登録してお仕事を紹介してもらい、
派遣先企業とのマッチングが成立して
実際に現場でのお仕事が始まってから
雇用契約が結ばれます。

派遣契約期間は基本的に3か月間です。

3か月後も引き続き同じ現場で働くことが決まった場合は
雇用契約の更新をしますが、派遣契約期間が終了する場合は
雇用契約も終わります。

【派遣社員として働くメリット】

次に、派遣社員として働くメリットを
自分の経験談も含めてご紹介します。

1.希望条件に合った仕事を自由に選びやすい

派遣会社では、さまざまなお仕事が紹介されていますが、
その中から、自分の希望条件に合ったお仕事を自由に選べます。

例えば勤務地、勤務時間、時給、希望業種、希望職種、
残業のあり・なし、休日出勤のあり・なし
などが選べます。

正社員だったら会社の命令に従うのが絶対ですので、
勤務地や職種、残業時間などを自由に選べません。

一方、派遣は自分の希望に沿った働き方を自由に選べます。
希望条件を派遣会社に伝えると、派遣会社の担当営業が
なるべく本人の希望に沿ったお仕事を紹介してくれます。

また、未経験でもスキルアップの意欲さえあれば
未経験業務のお仕事を紹介してもらえる場合もあります。

自分が希望する条件で働けることは、
仕事のモチベーションアップにもなって良いですよね。

2.仕事以外の時間も確保できること

正社員の場合、仕事量が多く定時後も残業せざるを得ないなど、
長時間拘束されることが多々あります。

一方派遣はお仕事にもよりますが、残業の無い(少ない)案件をよく見かけます。
仕事も大事だけどプライベートの時間も大切にしたい、
とワークライフバランスを考えながら就業を目指している方にとっては
メリットになる部分といえるでしょう。

3.時給が高い

首都圏だと派遣の事務職のお仕事で時給1,500円以上の所も多いです。
パートやアルバイトの時給と比べたら高い方ですし、
場合によっては正社員の月給を時給換算にした金額よりも高いです。

それと、残業代は必ず付きます。

残業代は定時までの時給よりも、
少し多めに設定されています。
サービス残業がありません。

4.組織のしがらみに縛られにくい

正社員と違って、派遣社員は組織において
つかず離れずの人間関係を保てます。

正社員時代は、気が乗らないイベントに強制参加させられましたが
派遣社員の場合はそのようなしがらみから解放されました。

5.いつでも軌道修正ができること

業務内容や職場の雰囲気は、
実際に現場で仕事を始めてからでないと
わからないことが多いです。

正社員の場合、定年まで働くことが前提で雇われている以上
責任の大きい仕事に就いていますので、
こんなはずじゃなかった!と思うことがあっても
責任の重さなどから仕事を辞めにくい側面があります。

一方派遣社員の場合、3か月ごとの契約更新、
どんなに長くても3年目までの有期雇用ですので
こんなはずじゃなかった!と思っても
契約満了時まで働いて辞めることができます。

この職場(仕事)合わない!と思ったら
軌道修正がしやすいのが派遣のメリットといえるでしょう。

6.仕事が早く見つかりやすい

正社員雇用での仕事を探す時、
採用に至るまでの時間は結構かかりますよね。

転職サイトやハローワークなどから求人を探して応募し、
志望企業に履歴書などの選考書類を提出。
書類選考が通れば面接がその後数回に渡って実施され、
企業側とのマッチングが成立すれば採用されます。

この一連の流れは、1社あたり数週間~1か月くらいかかります。

しかし、面接が通らなければ
振り出しに戻ってまた求人探しの作業から
やらなければいけなくなるため、
正社員での転職は長引きやすいです。

一方派遣で仕事を探す場合、派遣会社に登録した後、
派遣会社のサイトに掲載されている求人や、
担当営業に紹介されたお仕事に応募したりします。

その後「職場見学」という名の、企業との面談が行われ、
企業側と派遣スタッフのニーズがマッチすれば、就業が可能となります。
この流れは1社あたり数日で完了します。

企業と派遣スタッフのニーズがマッチしなかった場合、
また求人に応募するところから戻るわけですが
正社員と比べて仕事が決まるスピードがとても速いです。

【派遣社員として働くデメリット】

次に、派遣社員として働くデメリットを
自分の経験談も含めてご紹介します。

1.交通費なし・ボーナスなし

派遣社員には、交通費やボーナスが支給されません。

交通費は、一部支給される場合もあるようですが
支給されるケースはほぼセロです。

交通費は基本的に自腹です。

また、ボーナスもゼロです。
ボーナスが支給されることはまずありませんので、
この時点で正社員との所得格差が結構つきます…

2.休日の多い月は給料が少ない

派遣のお仕事は時給制です。

時給制ですので、ゴールデンウィークや夏季休暇、
年末年始などの大型連休のある月は
給料がめちゃ少なくなります。

3.時給の高い派遣先に変えないと収入が増えない

派遣社員には昇給がありません。

派遣会社の担当営業に時給UPの交渉をして
時給を上げてもらえるケースがごく稀にはあるようですが…

しかしこの方法で収入UPするのはまず難しいと考えておいていいでしょう。

派遣で収入UPを目指すなら、時給の高い派遣先に変える他ありません。

4.雇用が安定しない

派遣社員は雇用が不安定です。

派遣社員は3か月ごとの雇用契約ですが、
契約を更新し続けたとしても
同じ職場では最長で3年間しか働けません。

3年も経たないうちに雇用契約が
打ち切りになることだってあります。
自分がそうでした。

契約を打ち切られたら、また一から
仕事を探さなくてはなりません。

5.社会的信用が低い

派遣社員は雇用や収入が不安定な理由などから、
社会的信用が低いです。

例えば、銀行でクレジットカードを発行しようとする場合、
派遣社員は正社員よりも審査が厳しくなります。
アパートの賃貸契約の審査も厳しいです。

また、派遣社員は社会的信用が低いことから
世間体も悪くなります。

久々に会う親戚などから職業を訊かれると、
正直少々答えづらいです…

特に男性が派遣社員として働く場合、
世間からは厳しい目で見られるでしょう。

6.年を取るほど派遣社員として採用されにくい

派遣社員は年を取れば取るほど採用されにくくなります。
年齢が高いほど採用されないのは正社員も同じだとは思いますが。

私の遠縁の親戚に派遣社員として働く40代女性がいますが、
年齢が上がるほど就業が難しくなると言っていました。

【まとめ】

派遣社員として働くメリットとデメリットを
ご紹介しましたが、いかがでしたか。

派遣社員は雇用が不安定だったり世間体が悪いなど
どちらかといえばネガティブイメージが強いかもしれません。

しかし、プライベートの時間を大事にしたい人や
未経験の仕事に挑戦しスキルアップをしたい人からすれば
メリットになる部分もたくさんあります。

派遣社員のメリット・デメリットをしっかり理解したうえで
どの条件を優先させたいのかを考え、
自分が望む働き方を選ぶといいでしょう。

派遣契約が取り消しに!下した決断は「アフィリエイトを極める」

どうも、あんりです。

私の半生の話は今回で最後です!

前回までの内容はこちらからどうぞ↓
PCの操作と情報発信力を身に付けた幼少期
日本の小学校生活と、いじめの中学時代
劣等感抱いた高校時代と震災に遭う大学時代
アフィリエイトに出会い、就職も決めた大学生活後半
新卒で入社早々、配置転換をさせられた話
配置転換後に職場で先輩らにいびられる話。
社内失業から鬱状態になってしまった話。
退職勧奨を引き受け、無職生活を始めた話。
無職時代にアフィリエイトを再開したけど3か月で諦めてしまった話。
社会復帰のつもりで派遣社員になることを選んだ話。

社会復帰のつもりで始めた派遣社員としての仕事も、
いつの間にか慣れてしまい、気が付けば4年。

2月下旬、派遣の仕事を続ける意思があるか聞かれて
引き続き派遣契約の更新に同意をしたら、
契約手続きの最中に突然、
契約を打ち切られてしまいました。

え・・・なんで・・・?!

唐突な出来事で、頭の中が激しく混乱しました。

派遣元の担当営業さんが言うには、
契約手続きを進めている最中に
契約を打ち切られてしまうケースは
稀だそうですので、ビックリしていると言いました。

契約が突然打ち切りになった理由ですが、簡単に言うと
派遣先企業が新年度を迎えるタイミングで
人員改正をするため、人件費をカットしたかったから。

正規雇用の派遣は簡単に切られます。

(正社員でも切られた経験はありますが…。)

派遣の有期雇用は、昔の自分のように
社会復帰目的で利用するにはメリットではありましたが、
仕事に慣れ長期的に働くようになった今では
すっかりデメリットに変わっていました。

唐突とはいえ、
派遣先企業の都合で契約を打ち切られた以上、
派遣元も、派遣社員も、
派遣先の要求に従わざるを得ません。

だから私は、契約の打ち切りにただ同意しました。

帰宅後、私は今後の自分の生き方について
いろいろと考え、悩みました。

そして悩んだ末に出した結論は
「やっぱりアフィリエイトを極めよう!」

確かに私はまだ20代ですし、
転職しようと思えばできる年齢です。

でも、転職の選択肢を蹴って
アフィリエイトの道に進むことを選びました。

なぜなら、正社員であっても
派遣社員であっても、会社の都合で
あっさり切られる経験をしているから。

会社勤めだからって、決して
安定しているわけじゃありません。

もう会社に振り回されたくない、
自分主体の生き方をしたい、
と思ったのが正直な気持ちです。

専業でアフィリエイトの道に進むのには
相当な覚悟が必要でした。

大学4年の時に就活をやってアフィリエイトから
距離を置いた時期もあったし、
無職時代に再開させた時もたった3ヶ月で諦めてしまった
過去がありましたから。

でも、契約打ち切りを宣告された今しか
アフィリエイトで自立するチャンスはない!
と思って、決断を下しました。

覚悟をもって決断を下したからには、
今度こそ絶対に途中で投げ出すつもりはありません。
自分の生活がかかっていますからね^^;

覚悟を決めた翌日からは早速、
私はアフィリエイトの準備作業に取り掛かりました。

日中は派遣先企業で引き継ぎ業務に励み、
仕事が終わって帰宅したら、ご飯を食べて
すぐにパソコンの前へ…!

以前から気になっていたアフィリエイターさんの
実践方法を真似て

・自己アフィリエイト
・サーバーの契約とドメインの取得
・ワードプレスの開設
・ブログ記事の更新
・ASPの登録&申請

これらの作業を隙間時間を見つけては
毎日アフィリエイトの下準備を進めていきました。
会社勤めしながらでは寝不足になったりで大変でしたが^^;

一か月後、私は派遣先を退職し、
晴れて無職アフィリエイターになりました\(^O^)/

派遣でクビ宣告されてからすぐに
アフィリエイトの下準備に取り掛かった甲斐あって、
今はアフィリエイトの勉強や
記事の執筆に集中できる時間が持てるようになりました。

アフィリエイターとしてはまだペーペーですが、
自分主体の生き方をしたい!という夢を叶えるべく
これからは毎日コツコツとアフィリエイト作業を続けて
ブログという資産づくりに励みます!

アフィリエイトで絶対に成果を出して見せるから
無職だなんて言わせない!!

社会復帰のつもりで派遣社員になることを選んだ話。

どうもこんにちは、あんりです。

前回に引き続き、私の半生を語ります。

前回までの内容はこちらからどうぞ↓
PCの操作と情報発信力を身に付けた幼少期
日本の小学校生活と、いじめの中学時代
劣等感抱いた高校時代と震災に遭う大学時代
アフィリエイトに出会い、就職も決めた大学生活後半
新卒で入社早々、配置転換をさせられた話
配置転換後に職場で先輩らにいびられる話。
社内失業から鬱状態になってしまった話。
退職勧奨を引き受け、無職生活を始めた話。
無職時代にアフィリエイトを再開したけど3か月で諦めてしまった話。

半年間の無職期間を過ごし、その間に3か月ほど浅はかな考えで
アフィリエイトに再挑戦した私ですが、あっさり挫折してしまいました。

失業保険の支給も途絶え、事実上無収入になり、
困り果てた私が次に選んだ行動は…派遣社員として働きに出ること。

私は前職での経験から、会社員として復職するのが怖かったです。

しかし無収入になってしまった以上、働きに出なきゃいけなくなったので
社会復帰のリハビリのつもりで、派遣社員になることを選びました。

派遣社員というと、雇用形態が不安定という点で
ネガティブに捉えている方も多いんじゃないかと思います。

確かに正社員と違って雇用期間は有限ですし、
3か月ごとに契約の更新がありますが、
次の3か月間も労働契約が結ばれるかどうかの保証はありません。

でも、派遣のデメリットと捉えられがちな
有期雇用という点に私は着目しました。

まずは生活のために早く働きに出よう。

とりあえず3か月だけ働いてみて、
合わないと思ったら
次の契約の更新はやめることにしよう。

早速派遣会社を数社登録し、
面談を受け、職場見学に行きました。

職場見学に行って一日も経たないうちに、就業が決定!

無収入になってから2週間も経たないうちに、
派遣社員として働きに出ることになりました。

運が良いことに、私は派遣先企業の職場環境や
人間関係に大変恵まれました。

新卒正社員時代の会社にいた先輩みたいに、
怖くてキツい性格の社員は誰一人いなくて
皆さん親切で温かい社員さんばかり。

社会人としての実務経験とスキルに乏しかった私に
ひとつずつ丁寧に指導してくださいましたし、
慣れないトラブルにアワアワしていたら
代わりに対応してくださることもありました。

まぁ一部厳格なタイプの社員さんがいましたが、
ただ私のミスを指摘するだけであって
いびってくるような人ではありませんでしたので
多少怒られても苦じゃなかったです。

こんなに親切な社員さん達と一緒に働けるなんて信じられない!

過去に経験した職場いじめや社内失業は
一体何だったんだろうと思うくらい、
新卒時代の会社とは正反対の職場環境。

転職するだけで、素晴らしい環境を
手に入れられるケースがあるんだって実感しました。

おかげさまで私は派遣先でスキルを身に付けて
メキメキと成長ができ、
気が付けば同じ職場で2年間働き続けていました。

諸事情により、最初の派遣先は2年で契約満了になってしまいましたが、
同派遣先で働けたことを今でも感謝しています。

次の派遣先も職場環境にはまあまあ恵まれていました。

しかしひとつ前の所と比べると、業務が単調すぎて
物足りない…と思ったのが正直な気持ちです^^;

それでも時給が良かったので働き続け、
気が付けばあっという間に2年経っていました。

そして2018年2月。

派遣元の担当営業さんが、派遣契約の更新の確認に来たので
迷わず3か月更新を希望することを伝えました。

派遣先も契約更新に同意していたようでしたので
契約手続きが進められていました。

が。

数日後、派遣先の都合で派遣契約が
突然取り消しになってしまいました。

続きます。

→派遣契約が取り消しに!下した決断は「アフィリエイトを極める」

ブログ始めました

皆さんはじめまして、こんにちは。

20代派遣社員あんりが
アフィリエイトで月収100万円を目指すブログ

ブログ主のあんりと申します。

こちらのブログにお越しいただきありがとうございます!

さて、今日から早速ブログを始めたわけですが
まずは簡単に自己紹介をさせていただきます^^


【ブログ運営者】

あんり

もうかれこれ15年以上は使っているハンドルネームです。

ネットで知り合った人たちからは

「キャッツアイを歌ってる杏里が好きだから、あんりなの?」

としばしば訊かれることもありますが、
本名じゃなければ何でもいいや~、と
適当に思いついた名前を付けているだけです。

特に深い意味はありませんw

あ、アニメのキャッツアイは
昔再放送で見ていたくらい好きですし、
杏里さんが歌う曲もかっこよくて好きですよー!

【年齢】

28歳

まだ若者扱いもされるけど、決して
若いとはもう言えなくなる複雑なお年頃・・・

いわゆる「妙齢」ってやつ。

【職業】

正社員歴8か月

無職期間6か月

派遣社員歴4年

無職期間6カ月(本格的にアフィリエイトに取り組み始める)

更なるアフィリエイト軍資金を稼ぐため、派遣社員として再就職を果たす ※2018年9月 new!

~追記~
2018年4月~9月までの6ヶ月間の無職期間中、

背水の陣でこれからはアフィリエイト専業で生計を立てて行く!

アフィリエイトで稼いでいくんだから無職だなんて言わせない!

と孤軍奮闘しておりましたが、

アフィリエイトで成功に近づくには情報に投資する必要があることに気づき、

投資するためにもっと資金を稼ぎたい!

という思いから、一旦無職を卒業し派遣社員として復帰することにしました。

尚、派遣社員として復帰した後も当然アフィリエイトを辞めるつもりはなく、目標額の月収100万円に達するまでは手を止めません。

【就業経験業界】

保険・IT関係・製造業(自動車関連)

複数の業界を見てきたので、
それぞれの業界の特徴を把握しています。

個人的に最も合っていたと思う業界はIT関係ですかね。

製造業も良かったのですが、自動車関連の業界だったので
土曜日や祝日が休みにならないことが
多々あったのがマイナス点…かな。

その代わり夏季や年末年始、
ゴールデンウィークにはかなりまとまった
大型連休になりましたけどねw

保険業界だけは自分の肌にどうしても合わなかったです。

個人のお客様からの理不尽なクレームの嵐に
うんざりすることがしょっちゅうあったから…orz

【住所】

首都圏某所在住です!

首都圏よかとこ一度はおいで~!

【趣味】

アニメ、フィギュアスケート観戦、料理、旅行(一人旅も好き!)など

特に大好きなアニメは「ユーリ!!! on ICE」です!

アニメ好き兼フィギュアスケートファンにとって
めちゃテンション上がるアニメです。

アニメの聖地めぐりの旅にも行きます。

フィギュアスケートですが、好きな選手は
日本人だけでなく、海外にもたくさんいます。

【性格】

かなりものぐさでズボラな性格ですw

第一印象はきちんとした人、とよく思われますが
実際はそのイメージと真逆。

【アフィリエイト歴】

2012年8月にアフィリエイトに出会ったので
トータルで6年

途中、停滞期間やお休み期間が数年間あったから
実際はもっと少ないかなあ?

トレンドアフィリエイトや物販アフィリエイトを実践していました。

2018年2月、勤めていた派遣先企業で突然解雇を言い渡された翌日から
アフィリエイトを学び直し、ブログアフィリエイトを本格的に再開。

アフィリエイト専業で生計を立てていこうと決心した今の目標は

3か月後に月収10万円まで稼げるようになること、
半年後は月収20万円を超えること、
一年後には月収100万円を達成することです。

※2018年9月に派遣での再就職が決まりましたが(再就職のいきさつは上記で詳しく述べています)、当初の目標と変わらずアフィリエイトで月収100万円稼ぐことを目指し挑戦し続けます。月収100万円達成した暁には専業アフィリエイターとして独立する予定です。


これから徐々にブログを更新していくので、
どうぞよろしくお願い致します!