知らなかった!失業保険の個別延長給付が廃止&地域延長給付とは何?

どーもこんにちは。あんりです。

今日は失業保険ネタについて書きます。

過去にも無職になって失業保険を
受給していた時代がありましたが
この度数年ぶりにまた無職になり、

失業保険のシステムやルールについて
いろいろと忘れてしまいましたので、
失業保険について少し復習しています。

失業保険って離職理由などの
条件によって受給日数が決められていますが、
再就職先がまだ決まっていない状態で
支給終了日が近づくと、

「もう失業保険が貰えなくなってしまう…!」

と焦りが出てきますよね。

求職活動をしているにも関わらず
再就職先が決まらないまま
支給終了日を迎えた場合、

個別延長給付っていう
求職者を支援するための措置があったんですよ。

以前までは。

しかしこの個別延長給付、平成29年4月度から廃止されたんですってね!
知らなかったぞ…!!

【個別延長給付とは】

求職者が再就職先を見つけられないまま失業保険の支給終了を迎える時、
最後の失業認定日にハローワークに申請すれば
対象者のみ支給を延長してもらうことができました。

具体的には、倒産や解雇などの理由で離職した人(特定受給資格者)
期間の定めのある労働契約が更新されなかったことにより
離職した人(特定理由離職者)のうち、次の3つの条件のいずれかに該当し、
かつ積極的に求職活動を行っている人であって、

特に再就職が困難だとハローワークが認めた人は、
所定給付日数分の支給後、
給付日数が原則60日分延長される措置です。

・受給資格に係る離職の日において45歳未満の人

・雇用機会が不足する地域として指定された地域に居住する人

・知識・技能・職業経験その他の事情を勘案して、
ハローワークが再就職支援を計画的に行う
必要があると認められた人

ただし、雇用保険の被保険者であった期間が20年以上で、
かつ所定給付日数が270日または330日である人は、
30日分の延長になっていました。

私自身も20代前半だった数年前に失業していた時は、
支給終了日までに再就職が決まらなかったため、
個別延長給付で失業保険の支給を延長してもらえました。

ところが、個別延長給付は暫定的な措置だったため
平成29年(2017年)3月末をもって廃止されてしまいました。

【個別延長給付から地域延長給付に変更】

2017年3月末を持って廃止された個別延長給付ですが、
代わりに2022年までの暫定措置として
「地域延長給付」が実施されるようになりました。

この地域延長給付ですが、
これまでの個別延長給付と違って
対象者がグンと減っています。

【地域延長給付の対象者とは?】

厚生労働省いわく、具体的な対象者は

身体障害者等の就職困難者以外の受給資格者のうち、

有期雇用の雇い止めで
契約更新がされなかったことにより
離職した特定理由離職者や、

解雇や倒産などにより
離職を余儀なくされた特定受給資格者で、

再就職のための職業指導を行うことが
適切と認められた人です。

加えて、次の条件を満たす者が地域延長給付を受けられます。

・雇用情勢が悪い地域に居住する者
・災害により離職した者

「雇用情勢が悪い地域に居住する者」は原則60日、
「災害により離職した者」は原則60日で最大120日まで
延長が認められます。

【雇用情勢が悪い地域はどこ?】

地域延長給付の対象者に
雇用情勢が悪い地域に居住する対象者とありますが、

表現が曖昧で具体的にどこなの?
ってモヤモヤしますよね。

少し古いデータですが、
平成25年(2013年)10月度から厚生労働省に指定された
「雇用情勢の悪い地域」は次の都道府県です。

北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県

栃木県
新潟県
富山県
山梨県
長野県

滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県

鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県

福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

首都圏などの大都市を除いたほとんどの地方が
「雇用情勢の悪い地域」に該当しているようですね。

ただ、該当の都道府県の中でも地域によっては
「雇用情勢の悪い地域」に該当しない地域もあるそうなので、
管轄のハローワークに直接確認する必要があります。

【おわりに】

2017年に廃止された失業保険の個別延長給付と、
2022年までに暫定的に実施される地域延長給付について
説明しましたが、いかがでしたか。

これまで実施された個別延長給付では、地域に関係なく
再就職が困難だとハローワークが認めた人は
延長給付の対象になっていましたが、

新設された地域延長給付では
ハローワークが認めた人で、

且つ災害によって離職した人や
特定の地域に住む人のみが
延長給付の対象者になってしまいました。

「求職活動がうまくいっていないから」という理由は
もうあまり認められないわけですね…。

それにしても数年間で措置内容がずいぶん変わりましたね。
再び失業したのを機に、この新しい制度を知って良かったです。

アフィリエイト収入は失業認定日に申告する?失業保険は貰えるの?

どうもこんにちは、あんりです!

失業保険の初回認定日を迎えたので
ハローワークへ行ってきました。

数年前にも無職だった時期があったため
失業保険の認定日にハローワークへ行くのは
初めてではありませんが、

前回と違うのは、今年の2月と3月に
アフィリエイトによる広告収入が発生し、
失業後の4月と5月にそれぞれ報酬が振り込まれていました。

いずれもポイントサイトとASPを使った
自己アフィリエイトによる報酬です。

アフィリエイト収入、ありがたい…(;ω;)

ただ、ここで疑問が。

失業中にアフィリエイト収入が発生したら失業保険は受給できるの?

アフィリエイトは就業or内職とみなされるの??

アフィリエイト収入って申告の義務があるの???

アフィリエイトっていろいろと
ややこしい部分がありますよね^^;

ブログの記事の執筆作業は
就労行為のうちに入るのか?とか、
自分で考えただけでは本当によくわかんない。

一体どうなの?っていうw

そこで今回、ハローワークの職員さんに

アフィリエイト収入があっても失業保険は受給可能か?
アフィリエイト収入はどうやって申告すべきか?

など直接聞いてきました。

これから失業保険を申請するアフィリエイターの
参考になれば幸いです。

【結論:アフィリエイト収入があっても失業保険は受給できる】

まず、結論から言うとアフィリエイト収入があっても
失業保険は受給できます!

ただし、

・アフィリエイト収入があまりにも多い場合
・アフィリエイト用の記事作成に一日あたり4時間以上もの時間を費やした場合

アフィリエイトで稼いでいる(就労行為があった)とみなされて
失業保険が支給されなかったり、支給額が減額になる
可能性が高いです。

失業保険のしおりにも書かれていますが、

そもそも失業保険は
再就職先を探している求職者を
支援するために支給されるもの。

一日あたり4時間以上の労働時間があったり、
あまりにも多くの金額を稼いでいた場合は、
就労行為があったとみなされ、

失業保険を給付する必要がないと判断されて、
給付されない(または減額になる)ようです。

【失業認定申告書の書き方】

失業保険の受給資格者は、失業保険の説明会の際に
「失業認定申告書」を貰っていると思います。

失業保険を受給するには、指定された失業認定日に
ハローワークへ行ってこの失業認定申告書を
提出しなければいけません。

その際、認定日の前日までに

・それまでの求職活動の実績
・アルバイトなどで働いた実績の有無

など、申告書の確認事項に
記載を済ませておく必要があります。

なので、ブログからアフィリエイト収入が発生した場合も、
収入が発生した日や収入額などを
申告書に正しく書かなければいけません。

とりあえず、私はわからないなりにも
こんな感じで書いて提出しておきました。

※この画像はあくまで例です。実際に提出したものとは少し形を変えています。

例えば5月21日を失業初回認定日だとしましょう。

まず最初の質問で
「失業認定期間中に就労または内職をしましたか?」
と聞かれているので、
ここは「ア した」に○をしておきました。

次に、

一日4時間以上の就職・就労をした場合はカレンダーに○印を
一日4時間未満の内職・手伝いをした場合はカレンダーに×印を

と聞かれています。

うーん…
ぶっちゃけブログ記事の作成に費やした時間って毎日覚えていないw←
でも記事の作成って就職や就労には該当しないから○印ではないだろうな。

というわけで、ブログ記事を書いた日には×印をつけておくことにしました。

ちなみに4月から無職になった私は、
毎日ブログを更新していたので
初回認定日までの全ての日に×印を記入しておきました。

続いて

「内職で収入を得た場合、収入のあった日とその金額が何日分なのか書いて」

と聞かれていたので、
ここではASPから報酬が振り込まれた日とその振込額、
報酬が振り込まれるまでの日数を書いておきました。

正直、「何日分の収入か?」と聞かれても
こっちがよくわからないので、
日数は適当な感じになっちゃいました…(´Д`;)スミマセン

ちなみに4月5月に振り込まれた報酬って、
失業する前の2月3月に確定した報酬なんだけど、
その辺の按分の仕方ってどうなんだろう…。

最後に

「働いた場合の事業所名と一日あたりの労働時間」

について聞かれたので、
事業所名には報酬の振込が最も多かったASPの社名を、
一日あたりの労働時間は3時間(これまた適当ですが)と書きました。

【ハローワークの職員さんとの実際のやりとり】

失業認定申告書に書いたアフィリエイト収入について
ハローワークの職員さんとこういうやりとりを
実際にしたので再現します。

職員「あの…毎日4時間以下の内職によってカレンダーに全て×印がついているので、今回は失業保険の支給ができませんけど」

あんり「え、そうなんですか?!」

職員「毎日内職しているのは就労していると見なされますので」

あんり「あの、カレンダーに毎日×印を書きましたが、これはブログからの広告収入でして」

職員「ブログからの広告収入?」

あんり「はい。ブログに広告を貼りつけて、ブログに訪れてくれた読者の方々がその広告をクリックしたり、クリックした広告の商品を購入することで発生する広告収入です」

職員「あーなるほど。アフィリエイトか…その収入で生計を立てたり、アフィリエイトを本業にしているわけではないですよね?」

(まぁ、ゆくゆくは本業にしたいけど今は本業にできるまでのレベルに達していないから)

あんり「いいえ…会社員として働いている頃から毎日趣味としてブログを更新する習慣があったので」

職員「趣味か……上の者に聞くので少々お待ちください」

と言ってしばらく席を外すハロワ職員さん。

上司としっかり相談しなければ答えを導き出せないほど
アフィリエイト収入が絡む失業保険の件って
ややこしい問題なんだろうな…(´Д`;)

職員「お待たせしました。趣味としてブログをやっているなら問題ないです。ちなみにブログの更新に4時間以上かけたりしていませんよね?4時間以上は就労と見なしますよ」

(ぶっちゃけブログの更新にかける時間なんか毎日覚えていないけど)

あんり「うーん…毎日変動はありますけど2~3時間以内かな」

職員「なら大丈夫です。今回は失業保険を支給できます」

あんり「ありがとうございます。あのよろしければアフィリエイト収入が発生した場合の失業認定申告書の正しい書き方を教えていただけますか?今後の参考にしたいので」

少々お待ちくださいと言って、またしばらく席を外すハロワ職員さん。
彼らにとってアフィリエイトって本当に難しい問題なんだろうな…(´ω`;)

職員「お待たせして申し訳ないです。趣味の範囲内で毎日2~3時間程度更新しているブログから発生したアフィリエイト収入なら、今後は申告していただく必要はありません」

あんり「申告しなくても大丈夫なんですか?申告しないと不正受給になるんじゃないんですか?」

職員「あくまでも趣味の範囲内なら申告不要です。就労のつもりでやっているなら申告しなければダメですけど」

あんり「じゃあ今後は趣味ブログによるアフィリエイト収入が発生した場合でも、申告書には何も記載しなくて良いということですね?」

職員「そうです。わざわざカレンダーに×印を書かなくて良いし、収入のあった日や収入額を書く必要はありません」

担当してくださったハロワ職員さんが
アフィリエイトについて少し知っている方のようだったので
少しは話が通じて安心しました^^;

再現が長くなってしまいましたのでまとめますが、

ハロワ職員さんいわく、
アフィリエイト収入が発生していも、
失業認定申告書にわざわざ詳細を書いて
申告などしなくてもいいそうです。

あくまで趣味として運営しているブログなら。

ここ大事なのでもう一度言います。

あくまで趣味として運営しているブログなら。

ブログで稼ぐことを本業にしているようだったら
就業しているとみなされるので、失業保険は受給できないし、
そもそも受給資格が与えられない…ということですね。

じゃあアフィリエイトで起業したいと心の中で思ってても
口外しなければ問題ないってことなの…か…な?(°ω°;)

【アフィリエイト報酬がなくても一応申告しておいた方がよい】

とはいえやっぱり申告はしておいた方が
いいんじゃないの?

と心配になりますよね。

嘘の申告で不正受給とみなされて
倍返しの罰則を食らうのはもっと嫌ですからね。

私の個人的意見ですが、
ブログを更新したらアフィリエイト収入の有無関係なく
一応申告しておいた方が良いと思います。

確かに私の最寄りのハローワークでは
「アフィリエイト収入はわざわざ申告しなくていい」
という対応をされましたが、

管轄のハローワークによって
対応の仕方やルールが異なるみたいですから
ちゃんと正しく申告したうえで、
担当の職員さんに相談する方が間違いないでしょう。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。

失業中にアフィリエイト収入が発生しても、あくまで
「趣味の範囲内で運営するブログを、4時間未満で更新している」
と伝えたら失業保険は一応満額支給されます。

ただし、失業認定日にアフィリエイト収入を申告することについて
管轄のハローワークによってルールが違うようですから、
正直に申告したうえで、担当者に相談しましょう。

それにしてもハローワークの職員さんたちが対応に困るほど
アフィリエイトって世の中にまだあまり浸透していないんですね…

これからの世の中もっとフリーランスが増えて
アフィリエイトをやる人も増えたら
ハローワークの対応やルールも変わるのかな。