時間が経つのが早いと感じるのは大人になって○○○ことをやらなくなった証拠

どうもこんにちは、あんりです。

いきなりですが、年を取るにつれて
時間が経つのが早いなぁ
と感じることはありませんか?

例えば、小学生の頃は約1か月と10日間程
夏休みを与えられましたが、
その当時の1か月と10日間って
今から考えればめっちゃ長く感じますよね。

しかし、大人になると
1か月と10日間なんてあっという間です。

同じ1か月と10日間という期間なのに、
子どもの頃と大人になった後とでは、
後者の方が何故かすごく短く感じます。

ちなみに私は、高校一年生になった辺りから
時間が経つのが早いなー!
と感じるようになりました。

中学生の頃まではそんなに
早く感じなかったのですがね…

更に言えば、社会人になって
会社で働くようになってからは
高校生の頃の倍以上に一日があっという間に
終わってしまうと感じることが増えました。

このように、年を取れば取るほど
不思議と一日があっという間に
終わるように感じますが、

このように感じるのには
ちゃんとした理由があるようです。

【年を取るほど時間が早く感じる理由】

1.ジャネーの法則

年を取れば取るほど時間が経つのが早く感じる理由として、
一番有名なのは「ジャネーの法則」ですね。

ジャネーの法則の具体的な説明は以下の通りです。

ジャネーの法則(ジャネーのほうそく)は、19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案し、甥の心理学者・ピエール・ジャネの著書において紹介された法則。

主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に説明した。ジャネの法則とも表記する。

簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)。

例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は、5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。

引用元:ジャネーの法則 ‐ wikipedia

ジャネーの法則とはつまり、
その人が生きてきた年数によって
1年の心理的な長さがどんどん短くなる故、
時間が経つのが早く感じるということ
です。

例えばですが、1歳児の赤ちゃんと
50歳の中年を比べるとしましょう。

1歳児の赤ちゃんにとって
1年=365日あるように感じるとします。

50歳の中年にとっての1年は
1歳児の50分の1となるので

365÷50=7.3

よって、50歳の大人が感じる1年の長さは、
1歳児の赤ちゃんが感じる約7日間に相当します。

言い換えれば、
1歳児の頃に感じた約7日間という感覚で
50歳では1年が過ぎることになるわけです。

50歳の一年が、1歳の時の一週間という感覚で
スピーディーに過ぎ去ってしまうわけですから
時間が経つのが早く感じるのも納得できますね。

また、ジャネーの法則では、

20歳から80歳くらいまでの60年間という年月は、
0歳から20歳の体感時間と同じということになる

と言われています。

つまり人生約80年だとすると、
20歳を迎えた時には、体感的には既に
人生の半分を終えているというわけです!

40歳が人生の折り返し地点ってよく言われていますが、
実際はもっと若い時期に折り返し地点を迎えているのですね…

そういえば以前、同じ会社で働いていた40代の人に

「20代のあんりさんにはまだわからないかもしれないけど、
30代になったら20代の時に比べて時間が経つのが早くなるし、
40代になれば、30代の倍以上に時間があっという間に過ぎるよ」

と言われたことがあります。

ジャネーの法則に当てはめてみれば、
40代の方がそのように話す理由も納得できます。

2.新しい発見が少なくなるから

ジャネーの法則の他に、年を取るごとに
時間が早く経つように感じる理由として
新しい発見が少なくなるから
という理由も挙げられます。

思い返せば子どもの頃って
日常生活の何もかも全てが新鮮で、
新しい発見や経験が多かったですよね。

例えば、国語や算数の勉強にしたって、
スポーツや楽器の練習にしたって、
いろいろと新しく習得することが多く、
日常生活が刺激的だったと思います。

ですが、そうして経験を積んで
大人になっていくうちに
いろんなことを知り尽くしてしまい、
新しい発見が少なくなってきます。

人間、何か新しいことに挑戦している時は
時間が長く感じるのに対し、
慣れたことをやっている時は
時間が早く過ぎるように感じます。

私の経験談ですが、転職先の会社で
新しい業務に慣れるまでは
仕事をしている時間がとても長く感じましたが、

業務に慣れて自分一人でも仕事ができるようになると、
「さっき出社したばかりなのに、気が付けばいつの間にか定時を迎えていた」
と感じることが多々ありました。

このように、大人になっても新しいことに挑戦している間は
時間の流れが遅く感じますが、それも慣れてしまえば
時間が経つのが早いと感じます。

話が少し脱線してしまいましたが、
子どもの頃は日々新しいことに挑戦する機会が多いのに比べ、
大人になれば何か新しいことに接する機会が少なくなるので、
その結果、時間があっという間に過ぎ去るように感じやすいわけです。

3.マンネリ化するから

先述した「新しい発見が少なくなるから」の理由と
少し被ってしまいますが、子どもの頃に比べて
大人になると同じ事を繰り返すことが増えます。

職場と自宅の往復がその最たる例です。

マンネリ化して生活が単調になると
更に新鮮味がなくなってしまうため、
時間が経つのが余計に早く感じます。

【時間を長く感じるようなるにはどうすればいいか?】

年を取るごとに時間が早く
過ぎ去ってしまうように感じる理由を
前項までで説明しました。

では、時間を長く感じるように生きるには
どうすればいいのかというと、
新しい経験を増やしたり
生活リズムに変化を付ければいいのです。

時間が経つのが早く感じる理由として、
新しい発見が少なくなることや
マンネリ化が進むことを挙げました。

だから、その逆をやればいいだけです。

例えば会社帰りに習い事教室に通ったり、
社会人サークルに入って新しい趣味を始めてみたり、
休日に知らない土地へ旅行に出かけてみるのもいいでしょう。

新しい習い事や趣味を始めたり、
旅行に出かけるための資金の余裕が無いよって人は、
日常生活の中でもちょっとした変化を見つけてみましょう。

例えば、普段歩かない場所を散歩してみたり、
会社帰りに図書館へ寄って本を借りたりでもいいです。
0円でもできることは沢山あります。

ちなみに私は最近、図書館に通って
斎藤一人さんの書籍をよく借りてきています。

斎藤一人さんは、納税額日本一の
成功者として有名な方でもあります。

書籍にもよりますが、斎藤一人さんの
音声が吹き込んであるCDもついている場合があるので
CDも聞くようにしています。

成功者の音声を聴くだけでも
価値観はずいぶん変わりますし、
自分にはなかった価値観=新しい情報を
日常生活に取り入れるだけで面白くなりますよ。(笑)

話が逸れてしまいましたが、
何もお金をたくさん掛けなくても
図書館に行って本を借りるように、
0円でも新しい発見はできます。

自分の工夫次第で怠惰な日常生活に
新しいことを取り入れる方法は
たくさんあります。

【まとめ】

人は年を取るにつれて時間の経過が
自然と早く感じるようになりますが、
年を取っても新しいことに挑戦しなくなると
ますます時間が加速していくように感じてしまいます。

なので、毎日を怠惰に過ごしていると
あっという間に寿命が来てしまうんですよ。

そう考えると恐ろしくなりませんか?

人はいずれ死んでしまいます。

毎日をダラダラと惰性で過ごすのも、
新しい経験を増やして刺激的に過ごすのも
自分次第ですが、どうせなら楽しいことをして
人生を終えたいですよね。

小さなことからでもいいので、
日常生活に新しいことを取り入れて
生活リズムに変化をつけてみましょう。

ワクワクすることが増えて
体感的に人生長く生きられるかもしれませんよ?

「普通」という名のレールから外れた生き方をしたっていいんじゃない?

こんにちは、あんりです。

今日は、普通でない生き方をしている私が
日々疑問に思っていることをつらつら書いちゃいます。

日本人の大多数って本当に「普通」が大好きですよね。

例えば、

・良い大学に入って
・良い会社に正社員で就職して
・30歳までに結婚して
・35歳までに子どもを最低でも二人産んで子育てして
・マイホームを買って
・定年を迎えるまで働いて
・年金をもらって老後を過ごす

大雑把に書きましたが、
日本人の大多数が理想とする
「普通」の生き方って
こんな感じじゃないのかなって思います。

実際、大多数の人がこのような生き方をしています。

特に私の親世代くらいには一番多いんじゃないでしょうかね?
それ以下の若い世代にも、もちろんいますけどね。

日本では、この「普通」の生き方こそ
当たり前であり、常識であるかのように言われています。

ですが、この「普通」の生き方から
一歩でもはみ出した途端、超風当りが悪くなっちゃいます。

……ていうか、そもそも普通って……何??

【生まれた時から「普通」の日本人じゃなかった】

思えば、私は生まれた時から
「普通」の日本人じゃなかったです。

自己紹介のページにも書きましたが、
私は親の仕事の都合で日本国外で生まれました。

出身国の詳細はあえて伏せておきますが、
英語圏の某国で生まれました。

関連記事:PCの操作と情報発信力を身に付けた幼少期

だから、この時点でもうすでに
「普通」の日本人ではない。

そしてその国では
インターナショナルスクールに通いました。

インターナショナルスクールには
世界各国から多種多様な人達が集まってきます。

肌・髪・瞳の色が違ったり、
国籍・言語・文化・宗教など
みんなバラバラでした。

みんなバラバラなので多様性や個性が認められていて、
「みんな違ってみんな良い」という環境で伸び伸びと過ごせました。

そんな環境でしばらく過ごしていましたが、
ある日、親の仕事の都合で日本に帰国する時がやってきました。

帰国後はインターナショナルスクールには通わず
普通の日本の小学校に転校したわけですが、

見た目が日本人なのに
喋る言葉や仕草・振る舞いなどが
「普通」の日本人らしくないなどの理由で
からかわれたり、いじめられたこともありました。

また、一定期間を日本で過ごしていないため、
他の同級生と流行ネタを共有できず
仲間はずれにされたこともありました。

関連記事:日本の小学校生活と、いじめの中学時代

それ以来、私は周りに馴染もうと
「普通」の日本人になれるように
頑張ってき…たつもりでした。

【社会人になってまた「普通」じゃなくなる】

それから社会人になるまでの約15年間、
私は至って「普通」の人生を歩んでいました。

普通に小学校を卒業して、
普通に中学校を卒業して義務教育を終えて、
進学校と呼ばれる高校に進学して、
大学に入学して、
就職活動をして、
正社員で就職する

という感じの「普通」の人生です。

まぁ大学時代にアフィリエイトに没頭していた
一時期がありましたが、当時は周りの大人からの

「ちゃんと普通に就職しなさい」

という声に圧倒されて、負けてしまいました。(苦笑)

関連記事:アフィリエイトに出会い、就職も決めた大学生活後半

で、周りの大人の期待どおり
「普通に就職」しましたけど、

職場いじめ
社内失業
退職勧奨

などに遭い、入社8か月目で辞めてしまいました。

この時はいろいろと悩みましたが、
「新卒 正社員」の肩書きを手放しました。

関連記事:退職勧奨を引き受け、無職生活を始めた話。

その後半年の無職期間を経て派遣のお仕事を2回経験し、
合計4年間派遣社員として働いてきましたが、
3か月前に辞めてまた無職になりました。

そして今はどうしているのかというと、
ネットを使って自分の力で稼ぐことに挑戦しています。

パソコン一台とインターネットに繋がる環境さえあれば
場所や時間を選ばずに自分の好きなように働くのが可能な
働き方です。

今はまだ大きな成果が見えていませんが、
1~2年後にはネットビジネスだけで生計を立てられるように
目指しており、日々試行錯誤を重ねています。

なので、今の自分を表現するならば
専業アフィリエイターを目指している無職
ってところでしょうか…。

しかし、この生き方って一般的ではないんですよね。

日本社会の中では「普通」じゃないんです。

正社員として会社に就職して、
毎日決まった時間に出社して、
朝から晩までずーっと働き詰め。

残業したり有給休暇も十分に与えられず働く。

これが「普通」で、社会人の常識とされています。

ですから、私は「普通の社会人」じゃないんです。

変人です。

【「普通」じゃないことをdisる親戚たち】

そういえば私の親戚には、私の他に
「普通」じゃない人たちが数名います。
かなり少数派ですけどね。

例えば、遠い親戚には
フリーランスで働く40代独身女性がいます。

とても頭が良く、賢い方で、
いろんな会社で働いてきた
仕事経験豊富なお姉さんです。

就職活動を目前に控えていた大学3年生だった頃、
仕事や働き方についてそのお姉さんに
相談したことがあるのですが、

的確なアドバイスを貰えましたし、
他の人とは違う自由な生き方をしてきた人なので
いろいろと面白い話が聞けました。

ですが、そんなお姉さんのことを
多くの親戚はdisります。

「あの人、まだ結婚していないなんておかしい」

「40過ぎてもずっと独身なのは普通じゃないからでしょ?」

「独身なのはどこか欠陥があるからよ」

「なんでフリーランスなんだろうw頭おかしいよねw」

「正社員になるのが普通でしょw」

親戚たちのdisり方があまりにもひどいので
当時の私はびっくりしました。

独身でいるのは悪いことなの?

若いうちに結婚していないといけないの?

フリーで働くのは非常識なの?

正社員じゃないのはおかしいの?

親戚の人たちが思う「普通」って何だろう??

遠い親戚のお姉さんの話を例に出しましたが、

「結婚していないのはおかしい」
「フリーランスで働くのはおかしい」

という声は、おそらくですが、
うちの親戚たちに限らず
多くの日本人の考えなんじゃないかと思います。

あれから私も歳を取り、独身アラサー女となりました。

また、フリーランスではないですが、
専業アフィリエイターを目指す無職となりました。(笑)

親戚には久しく会ってないですが、
私もお姉さん同様、近々いろいろとdisられるように
なるんでしょうね…(白目)

【「普通」から外れるのが怖い】

先述した通り、「普通」から外れた生き方をすると
変な目で見られますし、disられます。
村八分にされてしまいます。

だから、「普通」から外れるのが怖くて
みんなと同じ、みんなと一緒、みんなと同調した
生き方を多くの人は選びます。

ですが、みんなと同じ「普通」の生き方をするのが
果たして本当に幸せなことなのでしょうか?

本当に楽しいでしょうか?

【「普通」というレールから外れてもいい】

確かに、多くの日本人が理想とする
「普通」の生き方が合っている人もいると思います。

なので、「普通」の生き方を否定するつもりはありません。

ただの価値観の違いですからね。

ですが、「普通」の生き方が合わない人だっています。

「普通」の生き方が合わない人が
「普通」の生き方に合わせようとすると苦しくなります。

だって、その人が心の底から望む生き方じゃないから。

その人の望まない生き方だから余計虚しくなるんです。

「普通」の生き方が無理なら
わざわざ合わせる必要がありません。

「普通」という名のレールから
外れた生き方をしたっていいんじゃない?

例えレールから外れた生き方をしようが、
他人からとやかく言われようが、
自分にとって幸せならそれでいいと思うし、
気にすることないと思います。

最後に、私の好きな曲を紹介して終わります。

♪ルキンフォー/スピッツ

ルキンフォー めずらしい生き方でもいいよ
誰にもまねできないような

ではでは。あんりでした!