あなたの居場所、バレてますよ?スマホの位置情報をオフにするには

スポンサードリンク

どうもこんにちは、あんりです。

今の世の中ほとんどの人がスマートフォンを所有していますよね。
街中でも多くの人がスマートフォンをいじっている姿を見かけるのが当たり前のようになってきました。

ですがそのスマホ、位置情報の設定をデフォルト(初期設定)のままにしていませんか?
位置情報を初期設定のままにしていてはマズいですよ!

だって初期設定のままでは位置情報が丸見えですから。
あなたの今の居場所がバレバレですから!

私も初代のスマホを使い始めてからトータルでもう7年になりますが、以前からスマホを使っている時に気になっていることがありました。

日々スマホを使っていると、その行く先々で周辺のお店や美容室、学校などの情報や宣伝が入って来るんです。

以前スマホを使って「美容室」と検索をしていたら、何故だか知らないけど大阪のお店の情報がトップページにずらーっと出てきました。
自己紹介にも書きましたが、私は首都圏に住んでいます。だから普段は大阪についてネットで何か調べることは殆どありません。

え、なんで大阪の美容室の情報がトップページに出てくるわけ?
と思っていましたが、よくよく考えてみたらその前日に新幹線に乗って新大阪を通過していました。

ですがそれでも不思議に思いました。
どうしてGPS機能をオフにしていたにも関わらず、一時的にでも大阪府内にいたと知られてしまったのか?と。

私は普段GPS機能を使うことはほぼありません。グーグルの地図アプリのナビを起動させる時以外は、GPS機能をオフにしています。地図を見てもナビまで起動させることは滅多にありません。

なのに大阪にいたことを特定されてしまった。
ということは、GPS機能をオフにしていても自分の位置情報がバレバレってことですよね!恐ろしい…

確かにグーグルの地図アプリを使ってナビを起動させる時にGPS機能があると便利です。
ですが、地図で道を調べる時以外―――日常生活の何でもない時まで自分の位置情報を把握されてしまうのは問題があります。というか、嫌ですね…

そこで、グーグルにスマホの位置情報を特定されないための設定方法を自分で調べてみたので、以下にその手順をまとめてみます。
今回は私が使っているAndroidスマホでの設定方法をご紹介します。

【Androidスマホの位置情報をオフにする方法】

グーグルにスマホの位置情報監視の許可を取り消すには、次の手順で設定し直す必要があります。

1.Android搭載スマホの「設定」アプリを開きます。

2.「Google設定」内の「位置情報」を探します。

3.「Google ロケーション履歴」を開きます。

4.アカウントまたは端末の「ロケーション履歴を使用」をオフにします。

スポンサードリンク

上の図のように、左側にスライドさせるとオフになりますよ。
逆に、右側にスライドさせるとロケーション履歴の使用がオンになります。

5.次に、Android搭載スマホの「Google」アプリを開きます。

6.お使いのGoogleアカウントの「設定」を開きます。

7.「アカウントとプライバシー」内の「Googleアクティビティ管理」を開きます。

8.「ウェブとアプリのアクティビティ(一時停止)」をオフにします。

このように左側にスライドさせるとオンからオフに切り替えられます。

以上の流れで位置情報の許可を取り消せば、あなたの居場所は特定できなくなります。

【おわりに】

位置情報の設定をデフォルトのままにしておいたらあなたの居場所がバレてしまってヤバいですよ、というお話をさせていただきました。自分の居場所を特定されないようにするには、スマホの設定を自分で変えなければいけません。

スマホって日常生活で使うにはとても便利で大変助かります。ですがその便利さと共に、個人情報が漏れたり位置情報が盗まれたりするリスクもありますから気を付けましょうね。
こまめに設定を見直しながらもスマホとうまく付き合っていきましょう!

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

投稿者: あんり

28歳派遣社員のあんりです。 アフィリエイト歴は途中のお休み期間も含めば、トータルで6年です。 会社に振り回されない、自分の人生は自分で舵を取る生き方をしたい!と思い、将来的には専業アフィリエイターになることを目指して現在奮闘中。 まずは月収20万円、その次は月収100万円を目標に日々アフィリエイトの勉強と実践です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください