読書で知識と情報を得て、成功脳と失敗脳の違いについて学んだ

スポンサードリンク

どうもこんにちは、あんりです。
今日は土曜日です。

世の中では今日は週末でお休みの日かもしれませんが、
無職になった今の私には土曜日だろうと日曜日だろうと、
ぶっちゃけあまり関係ありませんねw

こんな私も会社員として勤めていた頃は、
土曜日や日曜日などの週末は、出掛ける予定がなければ
ただテレビを観てボーッとしたり、
ずっとゴロゴロして過ごしていることが多かったんですよね。

今思うと本当にもったいない休日の過ごし方をしていたなと思います。

しかし3ヶ月前からアフィリエイトに本格的に取り組み始めてからは、
毎日の時間を無駄に過ごしてはいけないと思い始めたので、
時間を有効に使うように意識するようになりました。

特に、読書を積極的にするようになりましたね。

今では土日など関係なくなったので、
できるだけ空いた時間を利用して読書しています。

読書って一旦慣れてしまうととても楽しいです。

今では読書が楽しいと言っている私ですけど
昔は読書が苦手でした。

なぜなら活字そのものを読むのが苦手でしたし、
活字を読むとなぜだかすごく眠くなってしまうからなんですよ。

皆さんも経験ありませんか?

例えば学校の社会科や国語の教科書を読んでいると、
すごく眠たくなってきますよね。あんな感じです。

だから昔は読書に対してすごく苦手意識がありました。

しかしアフィリエイトに本格的に取り組み始めてからは、
読書で知識をインプットし、更にアウトプットまですることが
大事だと知り、積極的に読書するようになりました。

最近では最寄りの図書館へ行って、
気になった本を一気に5冊近く借り、
空いた時間を使って1日に最低一冊は
読むようにしています。

読書をたくさんすると情報や知識を
シャワーの如くたくさん浴びるので、
自分の頭脳にどんどん力が付いていくのが
わかって楽しいです。

まるで頭脳の筋トレ!

今まで自分が知らなかった知識を身につけたり、
新しい世界観に触れることができて楽しいですからね。

前置きが長くなってしまいましたが、
私は最近、斎藤一人さんに関連する本をいくつか読んでいます。

斎藤一人さんの名前を聞いたことがある方も
いらっしゃるかもしれませんが、一応ご紹介しますね。

【斎藤一人さんとは】

斎藤一人(さいとう ひとり)さんは銀座まるかんの創設者で、
全国累計納税額日本一になった事業家です。

高額納税者番付で全国一位になるって話だけでも
凄い事業家だとわかりますよね。

ただ、これだけ高額の税金を納めていても、
メディアなどの表舞台にはなかなか顔を出さないため

「斎藤一人さんって何者?」
「斎藤一人さんって本当に存在するの?」

と怪しく思う方が多いみたいです(笑)

しかし斎藤一人さんには多くのお弟子さんがついていて、
そのお弟子さんたちは斎藤一人さんの教えを学ぶことによって、
続々と成功していってるみたいです。

で、成功したお弟子さんたちの一人に
柴村恵美子さんっていう
一番弟子の方がいらっしゃいます。

今日は、柴村恵美子さんが斎藤一人さんの教えに基づいて書いた

「人生に悩んだとき神様に応援してもらう方法」

という本を読んだので、
その本で最も気になった部分について
少しを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

【成功したいなら成功脳にしないとだめ】

本を読んでいて私が最も気になったのは
「成功したいなら成功脳にしないとだめ」
という言葉です。

で、ここでいう「成功脳」とは
一体何なのか?と言うと

うまくいってもいかなくても、
『絶対良くなる、必ず良くなる』
と信じることを意味します。

例えばアフィリエイトの世界では9割の人が
月収5,000円も稼げず辞めていくと言われています。
有名な話ですよね。

アフィリエイトって決して楽に稼げるビジネスではないので、
1か月間記事を書き続けても成果が出ず、
「アフィリエイトって稼げないじゃん」と
多くの人は思うでしょう。

でも中には
「これからも記事を書き続ければ必ず良い結果が出る」
と思う少数派がいる。

この少数派の人たちこそが
アフィリエイトで月収10万円や30万円、
更に月収100万円稼げるようになっていくのだと思います。

「だから良くなる、必ず良くなる、絶対良くなる!」
と思った人が道を切り拓いて成功していく。

この考え方こそが一人さんの言う「成功脳」

しかし一方で、多くの人は
自分の思い通りにいかなかったこと
うまくいかなかったことを
失敗だと思ってしまいますよね。

起こった出来事に対して
「これが良くない、あれもダメだ」
と考えるだけでうまくいかなかった原因を
活かそうとはしない。

アフィリエイトで言うなら、
広告の種類や配置の仕方がマズかったとか
記事の書き方が物足りなかったとか…

うまくいかなかった原因があるはずなのに
改善点を見つけようともせず、
ただ「アフィリエイトは稼げない」
と決めつけてしまうことでしょう。

これが成功脳とは対極の
「失敗脳」となります。

で、成功脳の人たちは
改善点が見つからなくても、
「これから良くなる」と思って
落ち込むことなく次に進む。

そしてうまくいっても、
更に良くなることを知っているから
驕ることなく次の成功の種を見つけようとする。

だから結果的に成功へと繋がるのですね。

私も昔は失敗脳でした。

アフィリエイトもかなり適当にやっていましたし
「やっぱり稼げないじゃん!」って諦めて
しばらくアフィリエイトから距離を置いていた時期がありました。

でも今の私は、
アフィリエイトで必ず成功させたいと思っていますから

たとえ記事を書くのが大変でも
「絶対に良い結果が出る」と信じて
教材を見直したりしながら、毎日作業を続けています。

昔の自分に比べれば少しずつ成功脳に近づけてるの…かな?

とにかく今の私には
「成功したければ成功脳にならないとだめ」
という、斎藤一人さんのこの言葉が
かなりスマッシュヒットしました。

これからも成功者の考え方をインストールし続けて
脳をどんどん成功脳へとアップデートしていこうと思います。

長くなってしまいましたが今日はこの辺で!

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

投稿者: あんり

28歳派遣社員のあんりです。 アフィリエイト歴は途中のお休み期間も含めば、トータルで6年です。 会社に振り回されない、自分の人生は自分で舵を取る生き方をしたい!と思い、将来的には専業アフィリエイターになることを目指して現在奮闘中。 まずは月収20万円、その次は月収100万円を目標に日々アフィリエイトの勉強と実践です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください