いい歳してアニメを見るのは恥ずかしい?そんなことはない。

スポンサードリンク

どうもこんにちは、あんりです。

最近は大人が見ても楽しめるアニメってたくさんありますよね。

例えば2018年現在放送しているアニメだったら「新幹線変形ロボシンカリオン」

シンカリオンは男児向けアニメですが、新幹線や鉄道がテーマになっていることもあって、大人でも楽しみながら見ている人もかなり多いようです。

実は私もアニメ好き(というかオタク)なのですが、シンカリオンは一度観だしたら沼にハマってしまいましたw

私はアニメ好きでもあるし旅好きでもあるので、作中に登場する新幹線や鉄道や日本各地の観光名所を見るとなんだかとてもワクワクします!

男児向けアニメとはいえ侮れない。

とまぁ、前置きが長くなってしまいましたが、今は世代問わず楽しめるアニメが充実していますし、大人でも「アニメが大好きです!」と公言する人が増えましたよね!(ハイ、私もそうですw)

ですが、大人が

「趣味はアニメを見ることです!」

「アニメが大好きです!」

と言うと、

「いい歳してアニメだなんて…みっともない」

「あんた歳いくつなのよ?○○歳にもなってまだアニメ見てるなんて恥ずかしい」

「アニメなんて子どもが見るものだからいい加減に卒業しなさい!」

と文句を言ってくる人たちが必ずいます。

私と同じようにアニメ好きの大人なら一度は言われたことのあるセリフだと思います。

彼ら彼女らが言うように、「いい歳した大人」がアニメを好き好んで見ることは本当に恥ずかしいことなのでしょうか?

私の個人的な意見を述べたいと思います。

【いい歳した大人がアニメを見るのは恥ずかしい?】

結論から言うと、決して恥ずかしいことではありません。

むしろ、いくつになっても熱中できる趣味が一つでもあるのは素晴らしいことじゃないですか!

ただ、熱中できるものの対象が「アニメ」ってだけです。

まぁ家計が苦しくなるほどグッズやイベントなどにお金をつぎ込みすぎたり、恋人や夫婦・子ども・親など大切な人達とのコミュニケーションそっちのけで夢中になったり、興味の無い人たちにアニメを押し付けるなど、他人に迷惑をかけるほど熱中しすぎるのはどうかと思うんですけどね。^^;

他人に迷惑をかけない範囲で、アニメという趣味を個人で楽しんでいるのなら全然問題ないのでは?と思います。

【熱中できる趣味がある人はメリハリのある生活を送って、イキイキしている】

実際私が普段よく関わっているオタク友達には子持ちの主婦や、アラサー以上の年齢の独身女性、お堅い職業の方など様々な人がいますが、みんな「いい歳した大人」です。(笑)

趣味の話で盛り上がっている時はオタク同士にしかわからないディープな話をするけれど、そうじゃない時はみんな至って普通に真面目な大人なんですよ。

家事や子育てを頑張ったり、夫を支えたり、仕事に励んだり、目標や夢に向かって努力したり…本当にみんな、毎日を一生懸命に生きている真面目な大人です。

スポンサードリンク

でも彼女らがこうして日々の生活を頑張れるのはアニメという趣味があるからです。

ある子持ち主婦のオタク友達はこう言いました。

「もし私がアニメ好きになっていなかったら、夫と子育てしか生き甲斐のない寂しい主婦にきっとなっていたわ…自分がオタクで良かった!」

別の主婦のオタク友達はこう言いました。

「パートがなかなか決まらなくて辛い。でも早く家計を支えたいし『推し』のためにもお金を稼ぎたいから頑張って履歴書書きまくるぞ!」

またある独身女性のオタク友達は

「勤務先の仕事が毎日ハードで大変。でも家に帰って大好きなアニメを見たら『また明日も頑張ろうー!』と前向きになれるんだ!」

と言っていました。

熱中できる大好きな趣味があるからこそ、たとえ日々の生活の中で辛いことや悲しいことが多少あっても、ネガティブな気持ちを引きずったままにすることなく気持ちを切り替えられます。

「推しのためにお金稼ぐぞー!」と仕事を頑張る気になれるし、他人に依存することがないし、メリハリのある生活を送ってイキイキしていられるんですよね。

私も会社に雇われずにお金を稼ぐ生き方を早く実現させたいし、稼いだお金で大好きな趣味を楽しみたいからこそ、今こうして毎日コツコツとサイトの構築に取り組んだり、ネットビジネスの勉強を頑張ることができます。

反対に、何か熱中できるものが一つもない人は、自分を見失っている人が多いなーという印象です。

例えば私の学生時代からの友人に無趣味だという子がいますが、以前その子から

「私は一体何のために仕事をしているのか、何のために生きているのかわからなくてモヤモヤする。夢中になれる趣味があればそのために仕事を頑張れるかもしれないけど、どハマりできるものがなくて何だか毎日虚しい。」

と悩みを打ち明けられたことがあります。更に

「あんりにはどハマリできる趣味があっていいなぁ。アニメでもいいから、私も何かハマれる趣味を見つけたい。でも自分は何が好きなのかわからない。」

とまで言われてしまいました。そこで友人に

「Nちゃん(友人)が子どもの頃にどハマリしていた大好きな事って何?ほら、小学生の頃とかさ、時間を忘れて何かに熱中してしまうことってあるでしょ?」

と聞いてみたけれど

「……うーん、あまりなかったかな」

と返ってきてしまいました;友人が一日でも早く心の底からやりたいと思うこと、熱中できる趣味を見つけられますように…

【「いい歳してアニメなんて…」と言う人達の特徴】

熱中できる趣味がある人とない人に話題が脱線してしまいましたので、話を戻しますね。

「いい歳してアニメにハマるなんて恥ずかしくないの?」などと言ってくる大人たちの顔をじ~っと見てみてください。

彼ら彼女らは、

自分の人生を楽しく生きている人達ですか?

常識や世間体、人目を気にしすぎている人達ではありませんか?

自分の好きな事、やりたかったことを我慢したり諦めてきた人たちではありませんか?

年齢を言い訳にして新しいことに挑戦する勇気を持てないような人達ではありませんか?

少なくとも、私に「いい歳してアニメなんて…」と言ってくる大人の特徴は上記のような人たちですね。^^;

彼らに「いい歳して…」と言われて少し落ち込んだり傷ついたりする瞬間があるかもしれませんが、全然気にする必要はないですよ!胸を張って堂々としていてください。

自分の気持ちに正直に生きて大好きなアニメを楽しんだり、好きなことを極めて幸せにしている姿を見せちゃいましょう。

そうすれば「いい歳して…」と言ってくる彼らにだって、

「自分の心に正直に生きて、年齢を気にせずにやりたいことやってもいいのかもしれないな」

と気付く時が来るかもしれませんから…

【まとめ】

「いい歳した」大人がアニメを見るのは決して恥ずかしいことではありません。むしろ、アニメであれ何であれ熱中できる趣味が一つでもあることはとても素晴らしいことです。

日々の生活で多少辛いことがあっても、熱中できる趣味があることによって気持ちを前向きに切り替えられます。

また、年齢を気にせずに大好きなことをやっていると人生豊かになりますから、「いい歳して…」と言ってくる人達のことは全く気にしなくて良いです。

自分の気持ちに正直に生きて人生楽しんじゃいましょう!人生楽しんだもの勝ちです。

関連記事:今の時代はオタクが強みになる。

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

投稿者: あんり

28歳派遣社員のあんりです。 アフィリエイト歴は途中のお休み期間も含めば、トータルで6年です。 会社に振り回されない、自分の人生は自分で舵を取る生き方をしたい!と思い、将来的には専業アフィリエイターになることを目指して現在奮闘中。 まずは月収20万円、その次は月収100万円を目標に日々アフィリエイトの勉強と実践です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください