2019年、消費税が10%に確定!増税に思うこと。

こんにちは、あんりです。

いやー、ついに確定してしまいましたね。

2019年10月から消費税10%増税。

消費増税、年末に経済対策 外国人積極活用へ転換、骨太方針

2018年6月15日 19時25分

政府は15日、経済財政運営の方針となる
「骨太方針」を閣議決定した。

2019年10月に消費税率を10%に
引き上げる方針を明記。

(中略)

少子高齢化を日本経済が直面する
最大の課題と位置付け、
不足する労働力を補うため
外国人を積極的に活用する
方針に転換する。

(引用:共同通信  https://this.kiji.is/380291742492378209

以前、2020年代に大失業時代到来?!
という記事を書きましたが、

人工知能に仕事を奪われて職を失うより先に、
消費税増税で庶民の生活がより一層
厳しくなりそうですね(´Д`;)

2014年4月に消費税が5%から8%に
増税した時もそうでしたが、
食品ひとつ買うにしても

こんなに高かったっけ??!!

ってビックリしました。

最近では食品や生活用品の
値上げが続いていますし、

それに加えて近い将来消費税が
+2%増えてしまうわけですから
生活にかかる費用が更に高くなっていきますね…

漫画「この世界の片隅に」の主人公・すずさんのように
「物価がどんどん上昇していくような国で生きていけるの?!」
と思わず言っちゃいそうです^^;

(画像:漫画「この世界の片隅に」< 中 > こうの史代)

※ちなみに、すずさんが生きる戦時中(1944年・昭和19年)の物価は
2017年現在の2000分の一くらいです。
食料品に関しては1000分の一くらいだったそうです。

今の時代だったら靴下3足は当たり前のように1000円で買えちゃいますねw
いや、今後は1000円でも買えなくなっちゃうのかも…

まぁ物価が上がることはともかくとして、
物価と一緒に賃金が上がらないことも問題なんですけどね。

たとえ正社員として会社に勤めていたとしても、
毎年の平均昇給金額は数千円程度みたいですから
大きな給料UPは期待できないですし、

税金やら保険料やら取られて手元に残るお金は
結構少なくなったりします。

しかも保険料も、毎年じわじわ上がっているから
差し引かれる額が大きくなってきています。

そのうえ来年から増税。

これじゃあ貯金するのが難しいし
いつまでたってもお金持ちになれる
見込みはないですよね。

また、派遣社員の間でも、
2015年に労働派遣法が改正された影響による
「2018年問題」が発生してきています。

派遣の2018年問題とは、
ざっくりいうと
雇い止めの大量発生です。

日本は、本当に生きていくのが難しい
国になってきています。

会社や社会は守ってくれませんし、
誰も助けてくれません。

何があっても死なない、
自分で稼げる手段を作らなければ
多分、来年以降の時代を生き抜くのは
厳しくなっていくのだろうと思います。

2020年代に大失業時代到来?!仕事がなくなる前に出来る対策とは

どうもこんにちは、あんりです。

先日、憧れのアフィリエイターさんからいつものように
メルマガを受信したのですが、その内容にビビッてしまったので
こちらでシェアさせていただきますね。

【2020年代以降は希少性を持たないと生きられない】

私が憧れているアフィリエイターさんは、アフィリエイトで成功して以来
いろんな経営者の方々や、億単位を稼ぐアフィリエイターさん達と
交流する機会が増えたようですが、最近経営者の方々と会うたびに

「これからの時代は希少性を持っていないと生きていけない」

と厳しい話を聞くそうです。

入社すれば一生安泰とされていた大企業や
銀行もメガバンク以外は潰れまくる
大失業時代がやって来るといいます。

しかもどうやら、これはもう確定路線のようです。

私たち一般人の所までにはこのような情報は流れてきませんが、
アフィリエイターさんいわく、経営者だったり、
億単位を稼ぐ界隈にはこのような確定された
近未来の情報が入ってくるようなのです。

ぎゃ~~~~!大リストラもだけど
一部の層にしか情報が回ってこないって恐ろしいですね!!

こんな重要な情報をシェアしてくださった
アフィリエイターさんに感謝です。

では、なぜ2020年までに希少性を持った方がいいのか?
なぜ2020年代からは大失業時代に突入するのか?
その理由を下で詳しく述べますね。

【2020年代に大失業が起こるとされる理由】

2020年代から大失業時代を迎えるであろう理由は
現在発達している「AI(人工知能)」にカギがあります。

2018年現在の時点で、AIは凄まじく発達していますよね!

例えば最近、全国展開しているスーパーなど
小売・サービス業では無人化が加速しています。

数か月前、久々に某アパレルのチェーン店へ買い物に行きましたが
レジがいつのまにか無人化していて驚きました。

えっ?この間までは有人レジしかなかったのに
ほぼ無人レジになってる…!!って。

日本だけでなく、世界でも特にサービス業の
無人化の流れは加速していて、
アメリカでは既にその影響を受けて
多くの失業者が出ています。

日本もアメリカの後を追う形で、
2020年頃がリミットと言われています。

AIが発達して、ロボットが発達すれば
もう人がいらなくなります。

AIやロボットが発達して、自動化の仕組みを
一度作ってしまえばレバレッジが効く。

レバレッジとは、てこの作用みたいなもので、
実際持つ力よりも何倍もの力を発揮できることを意味します。

AIを導入して仕組化すれば、レバレッジが効いて
一台で何倍も効率よく働いてくれますから、
人を一人雇って人件費をかけるよりも、
圧倒的にコストパフォーマンスが良いわけですよ。

一度AIで仕組みを作れば少ない経費で
何倍も効率よく自動的に稼いでくれるわけですし、
実際、人件費をなくせば利益率が上がるから
企業にとってはAIを導入しないわけにはいかないですよね。

そして、一度仕組みが出来上がってしまえば
従業員はもういらなくなってしまいます。

「今まで朝から晩まで働いてくれてありがとう」
「でももうあんたはいらないからね~バイバイ~~!!」

とあっさり切られるわけです…

今までは派遣社員がこんな感じであっさり切られる立場でしたが、
AIが導入されるこれからの時代は正社員ですらこのように
あっさり切られていくでしょう。しかも、職種問わずです。

【2020年代までに消えるとされている職業とは】

2020年に消えるとされている仕事は、以下の職業とされています。


・電車の運転士、車掌
・レジ係
・通訳、速記、ワープロ入力
・プログラマー
・新聞配達員
・郵便配達員
・レンタルビデオ
・ガソリンスタンド
・高速道路の料金徴収業務
・仲卸業者
・小規模農家、兼業農家
・大手電力会社
・自然エネルギー関連
・参議院議員
・専業主婦

・日本人の取締役
・中間管理職
・受付、案内業務
・一般事務、秘書
・オペレーター、コールセンター
・訪問型営業
・金型職人
・倉庫作業員、工場労働者
・コピー、FAX、プリンター関連
・証券、不動産ブローカー
・ヘッジファンドマネージャー
・証券アナリスト、FP
・生保レディ
・教員
・交番の警察官

(出展: http://gendai.ismedia.jp/articles/-/36518?page=5)


おおお、一般事務とか生保とか、
私が会社員時代に経験した職種が
ぜーんぶ消える仕事にランクインしている!\(^o^)/オワタ

まぁ確かに一般事務って、はっきり言ってしまえば誰にでもできる仕事です。

必ずしも特別なスキルや知識が求められませんし、
ルーティンワークも多いです。

だからAIが導入されればあっさり淘汰される職種でしょうね。

この他には、医療事務員や駅務員、警備員、建設作業員、データ入力係、
タクシー・電車・バスなどの運転手、レジ係、給食調理員、ビル清掃員も
消えるお仕事として名が上がっていました。

どの仕事も共通して言えることは、高度な知識やスキルが求められない、
定型的なサラリーマンやOLがやっている、誰にでもできる仕事です。

【2020年代までに自分で出来る対策とは】

AIに仕事を奪われないように、2020年までに自分で出来る対策は
誰にでもできる仕事とは真逆の仕事をすること。

つまり、希少性を持った仕事をすることです。

希少性を持った仕事の代表例として
ダンサーや美容師、
芸術家、コピーライター、
研究者、ミュージシャン、医師
などがありますが

今私が挑戦している「アフィリエイト」
希少性を持ったビジネスといえます。

ネット上に自分のメディアを持って情報発信し、
自動的に収益を発生させる仕組みを作る。

自分のメディアで情報発信をするから
自分にしかできない仕事ですし、
自動的にお金を稼げる仕組みを作れば
会社に依存しなくても生きていけますよね。

今のうちにアフィリエイトで稼げる仕組みづくりをしておけば
サラリーマンやOLが万が一リストラにあっても
途方に暮れることはないでしょう。

【まとめ】

2020年まであと2年切りました。

2020年8月の東京オリンピックと9月のパラリンピックが終われば、
経済的不景気の時代が一気にやって来ると言われています。

オリンピック後の不況は、一部を除きどの国も経験しているので
日本も絶対に避けて通れない道です。

東京オリンピック楽しみだ~~!わ~~~!!

なんて浮かれている場合じゃありませんよ!!

オリンピックとパラリンピックが終われば
経済的不況になって、大量の失業者が出るとされているのですから…
もうあまり時間がありません。危機感を持ちましょう。

来る大失業時代に備えて、今から自分にしかできない、
希少性を持ったビジネスに取り組みましょう!

私は今アフィリエイトで、稼げる仕組みづくりをしている段階です。
2年後までに何があっても死なない、稼げる仕組みを完成させてみせます。

そのために私は毎日、作業を続けていますし、
アフィリエイトを学んでいます。

皆さんも、私と一緒に稼げる仕組みづくりに頑張って取り組んでみませんか?