10年後も今と同じ生活水準を保てない。高校時代の塾講師が言った言葉が現実化した

スポンサードリンク

どうもこんにちは。あんりです。

最近、見たい番組以外は
テレビの視聴を控えるようになりましたが、
それでもたまにテレビを見ると

やたらと
日本称賛系番組が多いなー
と感じます。

「日本ってスッゴーイ!」

「日本人ってすごいんだねー!」

「日本の技術はやっぱり世界一!」

「日本の文化って素晴らしいわね!」

Japan as NUMBER ONE!!
という感じで超称賛しまくってる番組が
まーとにかく非常に多いこと。

一応言っておきますが、私は日本が好きです。

伝統工芸品や文化、和食も大好きです。

でも、自国のことをスゴイ!とやたらめったら
自画自賛するのは正直言って気持ち悪いと思います(^ω^;;;)

ところでこの日本称賛系番組、
いつ頃から増えたっけ?

と疑問に思っていろいろググってみたら
2010年代に入ってからでした。

元々この系統の番組は2000年代後半から
存在していましたが、

2011年の東日本大震災を経て
「がんばろう、にっぽん!」
などと唱えられるようになってから
急増したみたいです。

で、このような日本称賛系番組が増えたのは
かつて経済大国だった日本が年々衰退し、
貧困化が進んで日本人が自信を失った証拠なのでは
と言われています。

そこでふと、私は高校時代を思い出しました。

今から約10年前の2000年代後半、
私は高校生でした。

当時はいわゆる進学校に通っていたため
勉強についていけるように学習塾に通っていました。

でも高校2年生になったあたりから
勉強についていくのがしんどくなって
遊びまくるようになりました。

その頃はバンドや楽器にハマっていたので
学校から帰宅するとまず勉強よりも先に
好きなバンドの曲をガンガン聴いたり
楽器を弾きまくったりして遊んでいました^^;

遊びを優先させるようになったから
次第に学習塾にも通わなくなったわけです。

そしてとうとうある日、
私は学習塾から母と一緒に呼び出されてしまいます。

学習塾の担任の先生に呼び出され、
先生・母・私の3人で面談をすることに…

母「塾に行きなさいと言ってるのに娘が言うこと聞かなくて申し訳ないです…」

先生「どうして最近塾に来ないの?」

私「勉強がしんどくて嫌になったからです」

当然、先生と母に説教されてしまいました(苦笑)

でも私は反抗期真っ只中だったので
とにかく勉強するのが嫌!遊びたいから遊んでいたの!
と反抗していました…;

すると先生が真面目な顔をしてこう言いました。

「あんりさん。勉強が嫌だって言ってるけど、
ご両親に養われてラクな生活ができるのも今のうちだけだよ。」

「今はあなたのお父さんがバリバリ働いてお金を稼いでいるから、
そのおかげでラクな生活が出来ていると思う。」

スポンサードリンク

「でもね…この調子じゃ10年後も今と同じような生活水準は保てないと思うよ。」

「あんりさんが親元から独立して、社会人として働き出す頃には
厳しい時代になって今のようなラクな生活はできなくなる。」

「今(2007年当時)もこれからも、日本はどんどん不景気になっていく。
勉強して、良い大学に入って、良い会社に就職しないと、
今のような生活水準を保つことさえ難しくなる。」

「だから勉強は嫌だと言っていられないよ」

良い大学に入って、良い会社に就職して……
という所だけはどうしても同意できないけど(苦笑)

先生の言葉を今になって振り返ってみると
大体当たってるなと思います。

先生の言葉が現実化している。

先生にこの言葉を言われた翌年、
2008年は高校3年生になる年だったけど、
この年はリーマン・ショックが起きた年です。

リーマン・ショックの影響で
世の中に失業者が急増しました。

自分の家庭(というか、父が働いていた当時の会社)は
リーマン・ショックの影響をもろ受けなかったけど、

同じ塾に通っていた他校の同学年の生徒には
父親がリーマン・ショックの影響を受けて
会社をリストラされた人が確かにいました。

親の失業で経済的に困るようになったため
第一志望の某名門私立大学の受験すら許してもらえず、
受験期を目前に途方に暮れていた人がいました。

2008年のリーマン・ショック、
更に2011年の東日本大震災で
日本経済の衰退、大衆の貧困化が
かなり進みました。

そして個人的な話をすれば、
この10年で私は2回も失業を経験しているし、
お給料も決して多いとは言えない金額でした。
昇給する見込みも無かった。

だから、両親に養ってもらっていた頃よりも
生活水準が確かに下がりました。
10年前に比べたらラクな生活ができているとは
決して言えない状況ですね。(苦笑)

本当に塾の先生が言った言葉どおりの
現実になってしまいました。

もし、今の私が高校時代の自分に会えるとしたら
「嫌と言ってないで、勉強しろ!」
と言いたくなります。

大学受験に必要な勉強もだけど、
今のうちにお金の教養を身につけたり
ITの勉強もしっかりしなさい。

勉強することにどんどん投資して、
自分で稼げるような仕組みを
今から作れるようになりなさい!

と言いたいですね。

以前、2020年代はAIが発達して大失業時代を迎えるかも?
という内容の記事を書きましたが、
この記事のとおりに進めば、
今よりも更に厳しい時代がやってきます。

2020年まで2年切りました。

もうあまり時間が残されていませんが、
厳しい時代が来る前までに
しっかり勉強しまくって、自己投資して、
次の時代を何とか乗り越えていくつもりです。

サボる暇はもうないですね、
さ、アフィリエイト頑張るぞー!

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

投稿者: あんり

28歳派遣社員のあんりです。 アフィリエイト歴は途中のお休み期間も含めば、トータルで6年です。 会社に振り回されない、自分の人生は自分で舵を取る生き方をしたい!と思い、将来的には専業アフィリエイターになることを目指して現在奮闘中。 まずは月収20万円、その次は月収100万円を目標に日々アフィリエイトの勉強と実践です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください