自分に似合う色がわかる!パーソナルカラー診断に行ったらメリットだらけだった件

スポンサードリンク

どーもこんにちは、あんりです!

近頃、私の友人知人の間ではとある診断がブームとなっています。

そのブームとは「パーソナルカラー診断」です!

最近、学生時代の友人のSNSを覗くと

「パーソナルカラー診断に行ってきました~♡」

「私のパーソナルカラーは『ウィンター』でした!ちょっと意外なんですけど…」

「お友達の○○ちゃんは『サマー』でした!」

といったつぶやきをよく見かけます。

パーソナルカラー?

ウィンター?サマー?

一体何なんだそれは~?!

ますます気になった私は「パーソナルカラー診断」について調べ、ついにはパーソナルカラー診断ができるサロンへ自分の足で赴きました。(笑)

そもそもパーソナルカラー診断って何?

ではここでパーソナルカラー診断について説明しましょう。

パーソナルカラー診断とは簡単に言うと、「自分自身に似合う色を診断すること」。

生まれ持った肌や髪、瞳の色など様々な要素からチェックして、自分に似合う色を導き出します。

パーソナルカラーは大きく分けて4つのタイプがあり、四季に例えて

○スプリング
○サマー
○オータム
○ウィンター

とそれぞれ呼ばれています。

スプリングタイプは、春に咲く野の花のような明るくて鮮やかで透明感のある色。黄み寄りの色。

サマータイプは、梅雨の時期に咲くアジサイのような爽やかで涼やかな柔らかい色。青みのある色。

オータムタイプは、紅葉や落ち葉のようなこっくりとした深みのある落ち着いた色。黄み寄りの色。

ウィンタータイプは、凍てつく空気のような冷たい感じのビビッドで濃い色。青みのある色。

パーソナルカラーはセルフ診断も可能ではありますが、人間自分自身を客観視するのは非常に難しいもの。

そこで、自分以外の他人にパーソナルカラーをチェックしてもらうことで、自分に似合う色がよりわかるようになります。

パーソナルカラー診断を受けるとこんなメリットがある

パーソナルカラー診断を受けて自分に似合う色の服を着るようになると次のようなメリットがあります。

●毎日のメイクやコーディネートが決まる
●洋服の無駄買いがなくなる
●肌に透明感が出てシワやシミが目立たなくなる、若々しく見える
●表情が明るく見える、顔の輪郭がすっきりして見える
●髪に艶が出て見える、瞳に輝きが増す
●健康的に見える、印象良く見える

反対に、自分に似合わない色を身に着けると逆効果が出てきます(苦笑)

●毎日のメイクやコーディネートが決まらない、ダサく見えてしまう
●似合う色を知らないから洋服の無駄買いが増える、洋服の買い物に失敗する
●肌がくすんでシワやシミが悪目立ちする、老けて見える
●顔色悪く見える、顔の輪郭がぼやけてむくんで見えてしまう
●疲れているように見える
●不健康そうに見える、残念な印象になる

自分に似合う色を知る・知らないだけでこんなにも見た目の印象に差が出てきます。

似合う色を知ればセルフイメージを高められるメリットが得られそうですし、セルフイメージを高めることでビジネスでの場面や人間関係の面でも積極的になれそうだから、パーソナルカラー診断を受けない手はないですね!

いざ、パーソナルカラー診断へGO!

自分のパーソナルカラーが気になった私は、早速診断ができるサロンを予約しました!

そして診断当日、プロの色彩診断士さんに診てもらいにサロンへ足を運びました。

自分が行ったサロンは、一面が真っ白で部屋の灯りが明るい部屋でした。とても明るい部屋だったので、色のチェックがしやすそうです。(笑)

サロンに着くと、担当の色彩診断士さんと雑談を交えながらいろいろとヒアリングを受けます。

例えば どんなタイプの色が好きか?とか、

仕事に着ていく時の服装はどんなものなのか?とか、

自分の好みのファッションはどんなタイプなのか?とか、

ファッションやコーディネートでどんな悩みを持っているのか?とか、

自分のパーソナルカラーがわかればどんなことに挑戦してみたいか?とか…

ヒアリングが終わると、パーソナルカラーの概要についてひと通り説明を受け、診断に移っていきました。

パーソナルカラー診断では「ドレープ」という色布を顔の近くに当てながら、鏡の前で映り方をチェックしていきます。

同時に、当日着て行った服のコーディネートや生まれ持った肌・髪・瞳・唇・手などの色も色彩診断士さんにチェックしてもらいました。

パーソナルカラーの気になる診断結果は……!

さて。自分のパーソナルカラーの気になる診断結果は………

なんと!

サマーでした!!\(^o^)/

↑「あんりさんはサマータイプで、このような色を身に着けると垢抜けた印象になりますよー^^」と色彩診断士さんに言われて提示されたドレープがこちら。青みがかった淡い色や、ローズ系の赤みがかった色が似合うのだそうです。

個人的には、自分はスプリングタイプだと予想していたのですが(スプリングタイプに自分好みの色が多いからw)

結果は意外や意外、青み系のサマータイプでした。

でも言われてみれば確かに自分はサマータイプのような青み系の、パステルカラーが似合っているのかも…。

今まで仲の良い友達とか、会う人全てに「パステルカラーが似合ってるよね!」と言われてきたし、淡い色の服を着ている日は何故だか褒められることが多かったからです。

周囲にいる他の人たちは既に気づいていた。

スポンサードリンク

自分に似合う色は、、、私自身が最も気づいていませんでした/(^o^)\←

これからは積極的にサマータイプの色を日々のコーディネートやメイクに取り入れていこう…!

パーソナルカラー診断を受けた感想とまとめ

パーソナルカラー診断を受けた感想ですが、結論から言うと診断を受けておいて良かったです!

似合う色を知ることによって自分の意外な一面を知ることが出来ましたし、パーソナルカラーを積極的に日常に取り入れることでいろんなメリットが得られそうだからです。

個人的な話になりますが私は洋服選びがあまり得意ではありません、特に新しい洋服を買いに行く時とか^^;

でもパーソナルカラーを知った今、洋服の買い物も迷うことなく自分に似合う色を選べそうです。

自分に似合う色の服を選ぶということは、服の買い物の失敗を減らせることに繋がる。服の選択肢が減る分だけ買い物の時間も減らせそうです。

第一印象を良く見せられるし、自分に自信をつけられそうだから良いことづくめですね。

自分が診断してもらったサロン含め、どこのサロンも皆パーソナルカラー診断の診断料は高めです。

ですが、高い診断料を支払ってでもパーソナルカラー診断を一度受けてみる価値は凄くあると思います。

担当してくださった色彩診断士さんがおっしゃってましたが、

パーソナルカラー診断は一度診断してみたら基本的には一生代わるものではありません。

そして若いうちはともかく、30代、40代、50代…と年齢を重ねるほどにパーソナルカラーが活きてくるのだそうです。

思えば最近、というかアラサーと呼ばれる年代に突入してからは特に、20代前半の頃までと比べて似合う服・似合わない服がだんだんと分かれてきたように感じます…^^;

歳を重ねてきたからこそ、これからはパーソナルカラーが最大の味方になっていきそう!

パーソナルカラー診断は世間的なイメージでは女性が多く受けている印象が強いですが、もちろん男性だって受けられますよ!

男性も自分に似合うヘアカラーやシャツ、ネクタイ、スーツなどの色を知ることによって印象はずいぶん変わります。

「人は見た目が9割」という言葉がありますが、ビジネスシーンでも見た目は非常に重要になってきます。

見た目がダサいと相手に与える印象は非常に残念なものとなってしまいます。見た目一つだけで折角のビジネスチャンスも逃してしまっては嫌ですよね?

男性も自分に似合うパーソナルカラーをちゃんと知れば、仕事上やプライベートでの人間関係など、日常の様々な場面でメリットが得られますよ。

一度診断すれば一生モノ。自分のパーソナルカラーを知らない方はぜひ一度、プロの方に診断してもらってみてはいかがでしょうか?

男性向けパーソナルカラー診断のオススメ書籍はこちら

女性向けパーソナルカラー診断のオススメ書籍はこちら

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

投稿者: あんり

29歳派遣社員のあんりです。 アフィリエイト歴は途中のお休み期間も含めば、トータルで7年です。 2018年2月、当時の派遣先の唐突な契約更新打ち切りをきっかけに 会社に振り回されたくない! 自分の人生は自分で舵を取る生き方をしたい! と思い、かつて投げ出していたアフィリエイトに再度向き合い、真面目に挑戦し始める。 将来的には専業アフィリエイターになることを目指して現在奮闘中。 まずは月収20万円、その次は月収100万円を目標に日々アフィリエイトの勉強と実践をしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください