誤ってアドセンス広告を自分でクリックしちゃった!どうすればいい?

スポンサードリンク

どうもこんにちは、あんりです。

今日はグーグルアドセンスの広告について語ります!

私は当サイトのあんりブログの他に、グーグルアドセンスの広告を載せたサイトを複数件運営していますが、アドセンス広告を使用したサイト運営をしているとたまに

「自分で設置したアドセンス広告をうっかりクリックしてしまった!」

というミスを犯してしまいます。

このうっかりミス、アドセンス広告を使ったサイト運営者あるあるじゃないでしょうか?

私もアドセンス広告自己クリックミスの経験があります。

スマートフォンで自分のサイトをチェックしている時にうっかり広告をタップしてしまいました…

アドセンス広告を誤って自己クリックしてしまった時はめっちゃ焦るし不安になりますよねー!

「うわあ、やってしまった!」

「どうしよう…アカウント停止になってしまうかも…」

って。

でも大丈夫。

まず結論から言えば、アドセンスをうっかり自己クリックしてしまったとしてもアカウントを停止させられたりはしません。

確かに、あまりにも自己クリックが多すぎるとアカウント停止処分になる可能性大です。

しかし人間ミスしない人なんていない。

自分のサイトに設置したアドセンスを誤って自己クリックしてしまうことは一度くらいありますよね?

グーグル側の計らいで、誤った自己クリックは無効にしてくれます。

その理由や詳細を説明いたします。

自分で運営しているサイトのアドセンス広告をクリックしたらどうなるか?

まず初めに、グーグルアドセンスでは、自分で設置したアドセンス広告を自己クリックすることは禁じられています。

自己クリックの他に、友人知人・家族などにアドセンス広告をクリックしてもらうようお願いするのもいけません。

アドセンスを使ってネットビジネスしている人たちの間では常識ですし、基本中の基本ですね。

しかし先ほども言ったように、運営中の自分のサイトのアドセンスを誤ってクリックしてしまうことだってたまにあります。

もしそのような”うっかりミス”を犯してしまった場合、アカウントを停止処分にさせられるのでしょうか?

グーグルアドセンスのヘルプページに記載されている「AdSense プログラムポリシー」を確認してみると、以下の内容が書かれています。

自分のサイト内の広告だからといって安易にクリックしない


広告に関心がある場合や、リンク先 URL を確認したい場合でも、自分自身の広告をクリックすることは禁止されています。その際は AdSense のサイト運営者向けツールバーをご利用いただけます。Google ではサイト運営者様によるご自身のサイトの広告のクリックを除外していますが、完全には除外しきれません。サイト運営者様がサイトでの収益や広告主様の費用を増やすためにご自身のサイトで自ら広告をクリックしていると判断された場合は、広告主様を保護するためにアカウントを無効にさせていただく場合があります。

引用: クリック数と表示回数 無効なトラフィックを防止する方法

サイト運営者が自身のサイトの収益を増やすためにわざとクリックしている。

グーグル側にそう判断された場合は、アカウントを停止させられるようです。

確かに、自分のサイトのアドセンス広告をわざとたくさんクリックしたり、友人知人・家族など身近な人に頼んで広告をたくさんクリックさせるようなことって不正行為ですものね。

うっかり自己クリックしてしまった場合はどうなる?

とはいえ、自分でサイトを運営しアドセンス広告を設置していると、うっかり自己クリックしてしまうことだってありますよね。

もしもわざとではなくて、誤ってアドセンス広告を自己クリックしてしまった場合はどうなるんでしょうか?

グーグルアドセンスのヘルプページに記載されている「アカウントを適正に運営する」を確認してみると、以下の内容が書かれています。

間違って自分の広告をクリックした場合に必要な対処

スポンサードリンク


サイト運営者様が故意に自分の広告をクリックすることは認められませんが、誤ってクリックする場合も十分に考えられます。このような場合に Google まで特別にご連絡いただく必要はありません。有効と見なされたクリック数および表示回数に対する収益はこれまでどおりお客様のアカウントに集計されますので、ご安心ください。

引用:クリック数と表示回数 アカウントを適正に運営する

サイト運営者が誤って自己クリックしてしまうことも十分想定の範囲内だそうです。

だから、もしうっかり自己クリックしてしまったとしてもグーグル側に特に連絡する必要はないとのこと。

うっかりクリックは無効とみなされ、収益がサイト運営者のアカウントに反映されない・集計されないようですね。

とは言っても、うっかり自己クリックを度々犯していたら”故意による広告自己クリック”とグーグル側にみなされて、アカウント停止処分を食らってしまうかもしれません。

うっかりクリックを繰り返さないよう、サイト運営者が自分のサイトをチェックする際は十分気を付ける方が良さそうですね。

自己クリックのミスを防ぐツールもあるよ!

いくらうっかりミスでも自己クリックを繰り返していては、アカウントを停止させられてしまいます。

せっかく時間をかけてパワーを注いで育て上げてきた自分のサイトが、アカウント停止処分を食らってアドセンス収益がすべてパーになってしまうのだけは、サイト運営者として最も避けたいですよね?

そんなうっかりミスが心配なサイト運営者のために、グーグル側では「Google Publisher Toolbar」なるものが用意されています!

Google Publisher Toolbar


• 広告のリンク先ページへのリンク(安全なクリックが可能)。
• クリック数、インプレッション収益、見積もり収益額などの掲載結果データを含む、広告ユニットに関するレポート。
• 購入者の名前。
• 表示 URL。

引用:chromeウェブストア Google Publisher Toolbar

Google Publisher ToolbarはGoogle Chromeに追加可能で、不適切な広告をブロックするために開発された便利ツールです。

そのような目的で開発されたツールですから、こちらのツールを使えばアドセンス広告をクリックしても問題なし。クリック先の広告の内容がどんなものなのか確認することができます!

しかし、Google Publisher Toolbarは先ほども言ったようにGoogle Chrome上でしか利用できません。

Google Chrome以外のブラウザでサイトチェックしている場合は、このツールは使えないってワケです。

「アドセンスの誤クリックのリスクを避けながら自分のサイトをチェックしたいよ~!」

と思っている方は、Google Chromeを起動させ、Google Publisher Toolbarを立ち上げたうえで自分のサイトをチェックする必要があります。

まとめ

サイト運営者自身がアドセンス広告を誤ってクリックしてしまうミスはグーグル側も想定の範囲内。

だからもしうっかりクリックを一度犯したとしても問題ないようですし、グーグル側への報告も特にいらないようです。

しかし、故意のクリックを度々繰り返しているようではグーグル側に不正行為をしているとみなされ、最悪アカウントが停止させられてしまいます。

運営中のサイトでのうっかりクリックを防ぐには、

サイト運営者自身が広告を踏まないよう注意しながらサイトチェックを行ったり、

グーグルの便利ツールを使って広告を踏まないようにする工夫が必要です。

アドセンス広告を使って収益を得ているサイト運営者の皆さん。

誤ってアドセンス広告を自己クリックしないよう日頃から気を付け、不正行為などせず、正当なサイト運営を心がけていきましょう!

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

投稿者: あんり

29歳派遣社員のあんりです。 アフィリエイト歴は途中のお休み期間も含めば、トータルで7年です。 2018年2月、当時の派遣先の唐突な契約更新打ち切りをきっかけに 会社に振り回されたくない! 自分の人生は自分で舵を取る生き方をしたい! と思い、かつて投げ出していたアフィリエイトに再度向き合い、真面目に挑戦し始める。 将来的には専業アフィリエイターになることを目指して現在奮闘中。 まずは月収20万円、その次は月収100万円を目標に日々アフィリエイトの勉強と実践をしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください