日本の小学校生活と、いじめの中学時代

スポンサードリンク

こんにちは、あんりです。

前回に引き続き、私の半生の話をします。

前回までのお話はこちらからどうぞ↓
PCの操作と情報発信力を身に付けた幼少期

今日は小学生~中学生編です。

日本へ引っ越す

英語圏の某国で生まれ、インターナショナルスクールでの学校生活に
すっかり馴染み、満喫していた頃…

父の仕事の都合で日本へ引っ越さなければいけない日が
突然やってきました。

父の転勤で日本へ行かなければいけないと聞いた時、
ちょっとした不安感を抱いたのを今でも覚えています。

当時の私にとって日本はある意味
未知の国。

それまで親戚の家を訪ねに両親と一緒に日本へ行ったことはあるものの、
日本で生活したことは一度もありません。

日本語は全くわからないわけじゃないし、話せなくもないけど
英語漬けの環境で毎日過ごしていた影響で、
日本語をうまく喋れない。

それに、日本で暮らしたことがなかったから
日本の文化や常識、生活習慣やブームなど
よく知らない。

一応日本人だけど、中身が日本人じゃない自分が
日本へ行って、うまくやっていけるのだろうかと、
幼いながら不安でした。

日本で始まった小学校生活

日本へ引っ越して半月も経たないうちに、引っ越し先の小学校へ転入しました。

転校先では帰国生が物珍しかったのか、初日から早速外国人扱いされて
疎外感を感じました。

また、日本に来てから
いっぱい逆カルチャーショックを受けました。

例をあげるとキリがないので、
学校生活での一エピソードを話しますね。

例えば授業中、先生に

「何か質問がある人?」

とか

「わからないところがある人?」

と聞かれる場面ってありますよね。

それで、インターに通っていた頃からの習慣で、
手を上げて先生に質問をしたり
自分の意見を言ったりするわけですが、
これを日本の小学校でやると、周りから浮きました。

インターや海外(特に欧米圏)の学校では

「何か質問がある人は手を挙げてください」

などと先生に聞かれると、挙手して質問したり、
自分の意見をぶつけたりするのは
ごく当たり前の習慣です。

でも、日本の学校では

「何か質問がある人?」

と聞かれても、みんな恥ずかしがって質問しない。挙手すらしない。

本当は質問があるのに、周りのみんなが手を挙げようとしないから、
周りの様子を伺って、結局手を挙げずに終わる…

日本の学校では、協調性に重きを置き、
周りのみんなに合わせることが当たり前だった。

私は過去に日本人幼稚園に通っていて、
「みんなと一緒に行動すること」
経験していたはずなのですが…

インターに通うようになってからは
「自分で考えて自分で行動すること」が習慣化していたので、
日本人の社会では「みんなと一緒に行動する」のが
普通だってことをすっかり忘れていました。

スポンサードリンク

だから、インターに通っていた頃と同じ調子で
周りに合わせずに行動したり意見するとめっちゃ浮く。

「あの人、変な子だよね」

「調子に乗ってるの?」

などと陰口を叩かれることもしばしば。

「日本の学校ではみんなに合わせなきゃいけないんだな…」

と察してからは、日本の学校生活に早く馴染もうと
みんなに合わせるように行動しました。

それまでは自主的に行動することがよくあったけど、
「自分」を抑えて周りに合わせるようになりました。

でも、馴染もうとすればする程ストレスになっていたようで
日本に来て一年経った頃には、すっかり暗い子になってしまいました。

母が言うには、日本に来る前の私はよく笑う子だったようですが、
日本に来てからはあまり笑わなくなったようです。

写真に映る時も笑わなくなったので
「もっと笑ってよ!」
とよく注意されていましたねぇ…^^;

いじめを経験する中学時代。

中学校に進学して最初の一年は順調でしたが、
2年生になる頃からいじめを経験するようになりました。

中学2年のクラスで、仲良しの友達3人といつも共にしていましたが
ある時期から同じクラスのいじめっ子グループに目をつけられ

わざと本人だけに聞こえるように悪口を言われたり、

持ち物を隠されたり……

特に友人の一人は
いじめっ子グループの最大のターゲットにされていたようで、
体育の授業中に後ろから蹴られることもありました。

いじめは次第にエスカレートしていき、
初めのうちはいじめをスルーできていた私たちも
耐えられなくなってしまい、ある日学校から帰宅して
母の前で号泣してしまいました。

学校でいじめられていたことを初めて家族に伝えました…
あの時は母にとても心配をかけたと思います。

いじめに悩む私に、母はこう言いました。

「いじめっ子たちのことは無視して勉強しなさい。
勉強して、いじめっ子たちにギャフンと言わせるようにしなさい。」

それ以来学校でいじめっ子たちに何をされても無視し続け、
いじめっ子のことを忘れるくらい勉強に打ち込むようになると、
成績は急上昇し、気が付けばいじめっ子たちも寄り付かなくなりました。

勉強に打ち込んだこともあって、高校は希望通り
県内有数の進学校に合格できました。

いじめっ子がいじめる理由は、ターゲットの苦しむ反応を見て
自分が優位に立てていることを確かめたいから。

でも、いじめっ子が求めているターゲットの反応がなくなったり、
ターゲットがいじめっ子よりも成功してしまうと
自分が優位に立てているか確かめられなくなるから、
いじめに飽きてしまう。

いじめに対処するには

無視すること
相手よりも成功すること

以上の2点が有効だと学んだ中学時代でした。

次は高校~大学時代のお話です!

→劣等感抱いた高校時代と震災に遭う大学時代

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

投稿者: あんり

28歳派遣社員のあんりです。 アフィリエイト歴は途中のお休み期間も含めば、トータルで6年です。 会社に振り回されない、自分の人生は自分で舵を取る生き方をしたい!と思い、将来的には専業アフィリエイターになることを目指して現在奮闘中。 まずは月収20万円、その次は月収100万円を目標に日々アフィリエイトの勉強と実践です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください